山行記録in屋久島
宮之浦岳山行記録

宮之浦岳


山域 屋久島山群
日時 平成17年5月18日(水)〜22日(日)
参加者 岡本 他5名
目的
5月18日 雨   
16:00下関発、20:00鹿児島着、アーバンポートホテル鹿児島泊
5月19日 終日快晴
5月19日(終日快晴)千葉、名古屋、大阪、熊本からそれぞれの経路で
鹿児島入りした仲間と合流して

                           
                           
9:50鹿児島港発高速艇「トッピー」に乗船、
12:30種子島西之表港経由安房港に到着。

途中ヤクスギランドや紀元杉   標高1300mの淀川登山口まで

観光案内付きタクシー、料金は5900円
(高額)で登る

淀川登山口

車10台程度の駐車場とトイレが完備していた。

14:10   昼食後、淀川登山口を出発、快適な登山道を50分で淀川小屋に到着、
混雑に備えて早めに寝床を確保する。
ステーキにジンギスカンの豪勢な夕食と宮崎産の芋焼酎飫肥杉を楽しんでいる最中に
続々と宿泊者が増え、30〜40名で小屋はほぼ満員となる。



5月20日 終日快晴
05:00起床、06:15淀川小屋出発。
頂上に奇岩を露出させている高盤岳を間近に見ながら
                                         
08:05湿原と枯木が点在する

風光明媚な
花之江河(はなのえごう)に到着。

小休止後、これも頂上に奇岩を頂く黒味岳の脇を過ぎ
09:10眺望抜群の投石平に到着。このあたりが森林限界となる。


登山道で鹿の親子に遭遇、しばらく一緒に歩く。
   

永田岳
屋久島特有の花崗岩の奇岩が点在する翁岳を経て              
投石平
石がごろごろ


11:20宮之浦岳(1935m)山頂に到着。

宮之浦岳
 

頂上からは360度の眺望。

頂上にて記念撮影
大休止後、12:00出発。12:40平石、14:40に今夜の宿泊予定地新高塚小屋に到着。
小屋の前に広い快適なウッドデッキがあり、夕食から就寝までデッキで過ごす。
食事のときに野生の鹿が手の届くまで近づいてくるが、ぐっと我慢して餌を与えない。
小屋は満員のため、遅れて到着したガイドに率いられた10名程度の団体が
1時間ほど下った高塚小屋まで足を延すことになる。

       
5月21日 終日快晴
5:00起床、06:45出発。
07:45高塚小屋、このあたりから屋久杉やヒメキャラの巨木に遭遇する。
10分程度で縄文杉に到着。


縄文杉と記念撮影

立派な鑑賞用ウッドデッキが設けてある。
縄文杉を過ぎた頃から、ガイドに率いられたパーティーに続々と遭遇する。
聞けば大杉谷登山口から往復10時間かけて縄文杉見学とのこと。


ウイルソン株を経て

                   

9:50大株歩道入り口、これから大楠分れまでトロッコ道を歩く。
11:05大楠分れ、トロッコ道と分かれ白谷雲水峡を目指して峠道を登る。
11:55辻峠、13:20白谷雲水峡バス停に到着。
14:30のバスで宮之浦港に下る。
予約した民宿で二日ぶりに風呂に入りビールで乾杯、快適な山行を締めくくる。



5月21日 屋久島は一時小雨、鹿児島は小雨
10:20発の「トッピー」で宮之浦港を出航、
13:00鹿児島港到着。港に隣接する駐車場から車を引き出す。
高速道路を通常速度で18:00下関着