岩倉沢・左沢(物見ヶ岳南沢)遡行

日時 2003年8月30(土)〜31日(日)
参加者 8名
山域 物見ヶ岳 南沢
行程 8月30日 雨 
下関小月ホンダ出発 17時
仁保上郷大向、犬鳴公園前 河川プールテラスにてキャンプ
8月31日 曇り
6時起床 7時30分出発 岩倉沢二俣分岐の倉庫横に車を止める。
8時10分遡行開始。
夜半には雨は止み、ひんやりとした小川を時には水しぶきを立て軽快に一時間歩く。
林道終点の橋に到着。ここが入渓地点ときずく。
詳細 F1.C/S4M滝は水量が多く直登不可。左高巻
車巻きの滝の大岩壁。
F4 5Mの滝。上は左に折れ岩盤をえぐりとったような深い釜、
F5 10Mの逆層の車巻きの滝。右岸を高巻き。次は右へ曲がりながらの小さな滝の連続。
F6。F7。F8。少し青空も見えてミンミン蝉の声。
F9。この8Mの斜滝も増水で手強くなっており、右側の壁を登る。
12時20分 標高550M付近。変化がなくなり、遡行中止。
杣道をたどり下山。
14時終了。
下関着 17時。
夕飯皆で作った食事。炭火で焼き秋刀魚。焼きなす。おろし大根。
うなぎ入りスクランブル卵。ミョウガの鰹節和え。アスパラ。ごはん。
朝飯 そうめん(温泉卵と乗り、刻みねぎ、きゅうりの千切り)
友子の感想
雨上がりで川の水かさが多く、滝の勢いも強い。直登が出来ない所もあった。
川のなかの石が一歩踏み込むごとに動くので何度も転んで泥だらけになった。