9月月例 岩登り登山
日時   平成15年9月12日(土)~13日(日)
       当初出発は11日から出かける予定が台風14号の為に13日の出発となる。
参加者  15人
山域    雌鉾岳 比叡山
行程    比叡山 第一スラブ(ノーマルルート)     雌鉾岳 美しいトラバースルート
9月13日 PM7時下関IC出発~熊本IC~鹿川キャンプ場着PM11時50分
      テント張りもそこそこにまずはビールで明日の登攀に向けて乾杯!
      一杯が二杯と飲みに入ると息もぴったりだが、明日のメンバー構成を決めると、
      いつもと違って みんなさっさと寝てしまった。
9月14日(月)
     AM5時起床7時30分出発 朝食 うどん
      ここでは雌鉾岳の美しいトラバースルートをまずは報告
      キャンプ場の入り口を出て右の林道を登っていくと鉾岳登山口と小さい標識がある。
      30分で大きいスラブの岩の取り付き、ここで靴を履き替え装備を整える。 
 1 ピッチは這って登る。ボルトでビレーを取る。
  2 ピッチはまたまた這って登る。ここは僅かなスペースに草が付き、木でビレーを取る。
  3 ピッチは少し斜めに這って登る。滑ると大根おろし状態になる。

トラバースの核心部(下って~登る)
 4 ピッチはいよいよ美しいトラバースの始まり、
   バンドから少し下り気味にバランスを 取りホールドとスタンスを選びながら行く。
   ここがトラバースの核心部。
   大きなバンドへ向かっていく。ここで大休止。
   ここまでは二人のパーティー。次からは後の二人を待って四人パーティーになる。
   ここで心地よい風に当たりながら展望を楽しみ、1時間50分位待つ。
            
ここは快適なトラバースとなる
     
アブミで登攀 2ピッチ
 5,6ピッチはアブミを使っての人口登攀になる。何十年ぶりで戸惑うこともあったが愚痴も言わず よく頑張ったと思う。
草、樹付きの大きなバンドに着く。ここで水分補給。ここで20分位休憩。四人揃うのを待つ
 7,8ピッチはフリーで登ると頂上である。バンザーイ!
  
頂上にて撮影登頂記念・比叡山をバックに~今頃比叡山パーティー隊は登攀中かな?
 天気は最高!気分も最高!岩登りの醍醐味を知る充実した記念すべき日となる。