2004年正月合宿 
 月日  2003年12月30日〜2004年1月3日
 山域  八ヶ岳(硫黄岳〜横岳〜赤岳〜中岳〜阿弥陀岳)
 参加者  10名
 行程 下関IC PM8:30 出発
2003年12月31日
諏訪南IC〜美濃戸口8:30
 2003年12月31日  美濃口8:30着
雪がちらちらしている中パッキングをする
            
   美濃戸着10:00〜10:30南沢ルート〜行者小屋着13:30
テント設営15:00
 2004年1月1日   5時起床7:30出発
地蔵尾根〜赤岳展望荘〜赤岳10:40〜阿弥陀岳12:15〜中沢13:30〜行者小屋14:05
            
行者小屋の朝          赤岳天望荘より赤岳          赤岳頂上にて全員     文三郎道分岐より中岳と阿弥陀
     
阿弥陀岳頂上より      阿弥陀岳より赤岳    阿弥陀岳頂上         行者小屋前テント場
富士山を望む                                        中岳と中沢を望む
 2004年1月2日 晴   5時起床6:55出発 
 行者小屋からは樹林帯の登山道を下りながら赤岳鉱泉へ
 赤岳鉱泉からジョウゴ谷を渡り蛇行しながら赤岩の頭へ
 広々した所で硫黄岳の岩が見渡せる。
 硫黄岳山頂着9:30。風が強くて吹き飛ばされそう。
 硫黄岳小屋に急ぐ。10:00〜10:50休憩。(ぜんざいが美味しい!)
 小屋から横岳取り付きまでは尾根はなだらかで広い
 風が強くて吹き飛ばされそうに、這うように行く。
 横岳11:45〜12:15 
 ここで福山山岳会の2人が小同心を登って来られた。二人の登頂を待って拍手で迎える。
  ( ※去年石鎚山の二谷を遡行した時あった人。)
 地蔵尾根13:15〜行者小屋13:55着
 2004年1月3日   5時起床7:20出発
 行者小屋〜美濃戸口着10:15〜11:10出発〜下関着22:55着