冠山登山バス 市民ハイク
日時 2004年3月7日
参加者 一般 17名  下関山岳会 13名
山域 広島県 冠山
行程 潮原温泉登山口〜頂上へ
詳細 下関出発 7時 中国自動車道下関IC〜吉和IC〜潮原温泉〜登山口着10時
山口辺りから路面は雪で冬用タイヤでないと走れない状態。いつもなら鹿野あたりで冬用タイヤのチェックがあるのだが今日は深谷Pであった。吉和のインターまで雪道だったので3時間かかった。
登山口では雪が降っている。今日の天気予報では昼から良くなる予定。登頂できればいいなと期待する
登山開始10時20分
冠山登山口積雪50cm
               雪がチラチラする中、登山開始。 雪景色で気分は最高!
他の登山グループ(大竹山の会)がすでに入山しており、トレースが付いているので楽に歩ける。いつもならこの時期こんなに雪が残っているのはめずらしい。
銀世界に時々陽射しを受け眩しくて、やっぱり3月だなーと思ったり、日陰になると急に冬の様に冷え込み何と変化の多い天気である。
クルソン仏岩の分岐を過ぎ6合目あたりで先を行っていた大竹山の会のグループに追いつく。
彼らは此処から撤退するそうだ。時間を見ると11時30分を過ぎていた。
私たちは13時をタイムリミットに決め先発のラッセル隊6名の後に本隊が続く。
13時頃雪がひどく降り出し、かすかに望める頂上は後2時間は掛かりそうな気配。今日は登頂を諦める事にする
中には残念そうな人もいたが、充分に雪を堪能することが出来た。
13時20分から2時まで各グループに分かれてツエルトを被り昼食にする。暖かい飲み物が美味しい!

雪を楽しみながら登山口まで一気に下る。
15時20分着 潮原温泉に入浴後16時に出発
下関着18時10分
みなさんお疲れさまでした。楽しかったですね! 又行きましょうね    下關山岳會一同