6月月例九重山
日時 2004年6月12〜13日
参加者 10名(伊藤、山下清、宮元、市橋、篠田、木村ャ、藤田美、植村、水廣、野村友)
山域 九重連山
行程 沢水キャンプ場〜展望台〜くたみわかれ〜鍋割峠〜佐渡窪〜鉾立峠〜立中山
〜白口山〜稲星山〜久住山〜稲星山〜鳴子山〜展望台〜久住山本山登山道口
詳細 平成16年6月12日19時20分下関玉姫殿前出発
  深耶馬溪で休憩。ここで一匹のほたるに出会う。
23時20分沢水キャンプ場着
13日(日)5時20分起床
      5時50分朝食 (メニュー・うどん)

沢水登山口 登山口 展望台 鍋割峠
6時30分沢水キャンプ場(気温15℃)出発〜6時50分登山開始〜法華院・大船山方面
スイカズラの甘い香りがしました。7時15分朽網分れ
8時鍋割峠 ここで休憩。
佐渡窪 佐渡窪から白口山 鉾立峠 立中山
佐渡窪を行く、左に鳴子山、正面に白口山を眺めながら、鉾立峠へ。8時47分着。
三俣山、坊がずるが見える。
9時出発〜立中山(1464,4M)着。シーズンを終えたミヤマキリシマがチラホラ見られました
東方面に大船山、段原、平治岳が見える。
眼下に広がる坊がずる、三俣山、法華院温泉、中岳、遠く久住山。
9時30分立中山を後にする。
久住山、稲星山、 白口山 稲星山 鳴子山
10時40分白口山(1720M)着。ここで行動食を少々。
10時50分出発〜稲星山(1774M)11時25分着〜久住山(1786,8M) 12時着
アゲハチョウやモンキチョウが飛んでいました。
久住山山頂はさすが人がいっぱい。
久住山山頂 ハナイカダ
記念撮影を早々に済ませ、人々を避けて少し下ると程よい草原を見つけ、私たちだけの
ランチ場所になる。ヘリコプターが何度も旋回してくる。最初は手を振って歓迎していたが
段々うるさくなってきた。自然を求めている所へエンジン音は興ざめである。
梅雨入りの雲一つない五月晴れの九重山はまれで、展望出来る阿蘇山や由布岳、      鶴見岳、祖母山山系等、山肌までも見える。素晴らしい天気です。
13時昼食終了出発。南登山道の分岐より、東千里と稲星山の登り返しを分かれて行動  する。時間的にはほぼ同じで、少し東千里コースが早かった。
ここで全員揃い、鳴子山(1643M)へ、14時10分着。
すぐ出発。やせ尾根下る、やがて沢に向かって一気に薮こぎのような登山道を下る。
ガレの沢を少し下ると登山道との分岐に出る。古い標識もある。ここで休憩。15時だった。
ここからはお花も観察しながら楽しい変化のある、登山道。


ハナイカダやギンリョウソウ、ミヤマバイケイソウ、タニウツギ、ガクウツギ、ヤブレガサ、  マイズル草、イワカガミ等出逢った草木は数知れない。

16時25分展望台の駐車場着。
かなり登山時間がかかり、温泉行きは中止。

16時35分出発〜17時50分九重IC〜九州自動車道〜下関玉姫殿着20時35分解散。
6月の月例はタイトルが《雨でも登山》だったが、晴天に恵まれ、最高の登山だった。

おつかれさまでした!