2005年1月月例登山
小五郎山〜寂地山

日時 2005年1月8日〜2005年1月10日
参加者 先発隊=植村(担当) 宮元 林 吉村 宮森 
後発隊=山根 市橋 木村志 野村
山域 小五郎山〜寂地山
行程 先発隊 (記録 宮森)
1月8日  小月ホンダ8時45分出発〜向峠着11時
11時30分 登山開始
14時40分 小五郎山山頂着
       容谷山を目指すが、積雪が多く尾根にて幕営する。
18時    夕食
21時30分 就寝
1月9日 5時起床。 テント撤収
7時30分  出発。容谷山への尾根を間違えたらしいので、小五郎山頂へ戻り尾根を確認。
       容谷山への縦走は無理と判断する。
       コースを変更し容谷の右岸側の尾根を下山し、林道へ出る。
15時20分 下山。向峠着。         
17時30分 深谷峡駐車場にて幕営。
       明日は容谷山を登る事にする。
21時30分 就寝。
1月10日 4時40分  起床。
7時     出発
9時30分  浦石峡木目の滝着。
9時35分  木目の滝上部登山口出発
11時40分  尾根へ出る。
12時10分  山頂着。
13時10分  下山。
15時     深谷温泉へ寄る。15時30分後発隊と合流。
17時10分 大田原自然の家を見学する。
20時20分 下関着。

宮森談;雪山登山初体験の自分としては、大山なみの大雪の中、
     出発時はやや不安だったが、雪の中を歩くにつれ楽しさで不安は払拭される。
     今回の登山は反省点が多く、ルートの下調べ、地図での方向確認。
     登山計画、地図の確認を痛感させられた山行きでした。
     皆さんのお陰で、新たな山の楽しみが増えました。
     個人装備では要らないものもあり、パッキングも手間取り大変迷惑をかけました
     よく大雪の中歩いたと思いました。
     みなさんの頑強さは立派だと思いました。



後発隊 (記録 野村)
担当振り分け=山根(CL)、市橋、 木村志(装備)、 野村(食料、会計、記録)
           野村=今回雪山初挑戦!(ガンバルゾー!)
1月8日 19時   小月ホンダ出発
21時   寂地キャンプ場着
23時   就寝。
1月9日 5時起床。 朝食 月見肉うどん
7時30分 寂地峡五竜の滝〜木馬トンネル〜寂地峡
9時30分 後から宇部労山の4名に追いつかれ、お陰でラッセルをしていただき助かる。
       彼らは右谷山を日帰り登山とのこと。
12時   鞍部到着。風を避けて昼食。行動食のパンとお湯。
12時10分 此処から尾根のラッセル開始。全部山根さんがラッセルをする。
       尾根は風雪で寒くて休憩出来ない。一度だけ風の当たらない所で休憩をする。
       お腹がすいて足が重くなる。
       以前は尾根に赤いテープが目印にあったはずが今回は見当たらない。
       多分退けたのでしょうが、確認用にテープは何箇所かはほしいと先輩談。
16時    広場を見つけて、少し傾斜があったが、幕営地となる。
       ここでは初めて黄色い古いテープが残っていた。 
       幕営地は寂地山山頂より800M手前だった。
16時30分 テントの中で暖を取る。
       雪で水を作る。朝用までを作り、夕食は水炊き鍋、ごはん
       雪の中での鍋物は暖まって美味しい!
21時    就寝  一日中雪が降っていたのに今は星空も見える。
       冷え切った空気で凍りついた雪景色は此処でしか見られない。
       誰もいない4人だけの風景だった。
1月10日 6時起床 今日は冠山は時間的に無理なので、寂地山までで下山とする。
       朝食はゆっくりにし、明るくなってから撤収する。
8時50分 出発。ラッセルを交代しながら進む。初めての野村は上手とほめられた。
9時50分 寂地山あと200Mの分岐標識へ着く。
       ザックを置いて、頂上へ10時15分。写真を2枚撮る。
携帯で頂上記念撮影
       頂上の休憩用のテーブルが雪で埋っている。
       テーブルの高さほど雪が積もっていたことになる。(1M30cm位?)
10時20分分岐標識へもどり。犬戻し峡へ下山開始。
11時20分下りでもラッセルが大変だった。
皆で交代でラッセル小柄なCちゃんは腰まで埋っている

       椅子テーブルのある所で大休憩をする。
12時    林道に出る。ここから犬戻し峡入り口まで4kmある。
       林道の積雪は75cm位あった。山根さんとラッセルの上達した野村が交代。
14時40分 寂地峡キャンプ場の車へ着く。
15時30分 先発隊と深谷温泉にて合流し解散する。各車にて下関へ
18時    小月ホンダ着。解散


 野村談; 初めてのラッセル。尻すべりでした(シリセード)。
       寒さとの戦いでもありました。
       サラサラの深い雪が綺麗で、また雪山へ行きたくなりました。