2006年5月春山合宿
燕岳〜蝶ヶ岳
5月3日〜7日

山域
北アルプス表銀座
合戦尾根〜燕岳〜大天井岳〜常念岳〜蝶ヶ岳〜長塀尾根〜徳沢園
日時 5月3日(水)〜7日(日)
参加者
5名 宮元、水廣、撰定、佐伯、松本
目的

北アルプスでの雪山縦走を体験し,技術の向上と体力作り



合戦尾根登山口



燕山荘とテント場



テント設営
5月3日(水)
前日の20時45分に小月ホンダを出発し高速を通って豊科で降り

9時45分に安曇野穂高総合支所の駐車場に着く
ここでパッキングをしながらタクシーを待つ
タクシーで移動中にこれから上る峰峰が見えてきて、軽い興奮を覚えた。

10時55分  準備体操をした後、登山開始。
上りはじめから雪が出てくる。今年は例年よりも雪が多いとの事。
なかなかの急登だが、
それでもボッカトレーニングとしてやった
吉見峠から竜王への登りに比べたらまだいいかなと思った
15時25分  合戦小屋到着
情けないことに、自分はこのあたりから 足がつるのを覚え,なんとかだましだまし登っていたが 
このあたりで土踏まずがつっていたくて
歩くのも困難になる。合戦小屋で十分に休憩し、
ザックを少し軽い宮元さんのを担がしてもらう。
また、撰定さんから塩を差し入れてもらうが、
その塩のうまかったこと! 
塩分が不足してたのかな? 
その後塩分は勤めてとるようにしたためか 
足がつることはなくなった。
合戦小屋では一階部分が埋まっていた。
16時20分  燕山荘 到着

テント場には50張りぐらいあり、
小屋周辺では、北アルプスの景色を楽しむ人たちで
あふれかえっていた。
本日の夕飯

五目御飯、ステーキ肉入り豚汁、お漬物等・・・・
21時  就寝

燕山荘前にて



燕岳山頂手前にある岩=イルカ岩と名ずける



燕岳山頂にて

5月4日(木)
4時30分  起床

朝飯 釜揚げそうめん、焼きベビーハム、お漬物・・
6時35分  燕岳に向かう(空荷)
7時20分  燕岳山頂
初日のせいか 準備に時間がかかってしまう。
天気がいいのでついついユックリズムに
なってしまいがちになる。

撰定さんのアイゼンに不具合が出て、
それの装着にも時間をとられる。
風は少しあるものの本日も晴天で見晴らしがいい。

槍ヶ岳もよく見える。燕岳に行く途中で雷鳥を見る。
実物を見るのは初めてだ。
写真をとろうとするとちゃんとポーズをしてくれた。

8時50分  燕山荘前出発       
燕岳からかえりテント撤収後出発
きのうの急登とはちがい、
今日からは稜線歩きになる。

その分いくらか楽だが、
目指す大天井岳は見えるもののなかなちかずいて
来ない。あの稜線こえれは取り付きだろうと
思いながら歩いていると 
また別の稜線が見えてくる。
アップダウンの繰り返しでなかなかきつくなってくる。

13時  切通分岐点
ここまでは稜線歩きで それでも十分きつかったが ここからは岩稜となってぐっと高度をかせいでいる。あえぎあえぎ登るが山頂がなかなか見えてこない。
健脚の佐伯さんでさえ休み休み登っている。

25、26キロ持っているんだからすごいんだけど・・・
14時30分
なんとかがんばって山頂にたどり着く
ここで昼食をかねて1時間の休憩をとる

山頂では多くのカメラマンがいて、
山岳写真を狙う様にして撮っていた。

16時30分  テント場到着
本日の宿営地は計画では常念小屋のテント場であったのだが、予定よりかなり遅れていたし、たとえ着いてもかなり遅くなると思われるために、東大天井岳を回りこんだところでテントを張ることにした。テントを張るのも2日目となるとやることがわかってきて、
きのうよりもスムーズに張れたように思う。

夕飯  
春雨スープ 海藻サラダ 焼き豚 白ご飯 お漬物・・

20時30分 就寝
  
大天井岳頂上                               日焼け対策バッチリみなみちゃん



大天井岳頂上から見た槍ヶ岳


常念小屋










雪尾根を、、、、













常念岳頂上


















横尾への分岐
5月5日(金)
3時  起床

朝食  ふかひれスープのぞうすい(卵入り)、漬物・・
5時20分   テント場出発
朝、風が強かったテント撤収のとき飛ばされないようにするのに苦労した。今日も稜線歩き。
目指す山は見えてるのだが 歩いても歩いても 
近づいてこないのが切ない・・・。
ペースが遅いためか何度も抜かされる。
そういえばこの山行中抜いたことはなかったかもしれない。山中3日目となるとザックが重くて仕方ない。
休憩のときザックを投げ出すとホッとするが、
それをまた担ぐときのつらいことつらいこと・・・
稜線も雪のついているところとないところがあり、
アイゼンをつけたまま 雪のない岩稜のところを
あるいたりするときには 結構ひやひやものだった。

7時20分 常念小屋到着
7時40分 常念小屋出発
常念小屋から見える岩稜地帯が山頂だろうと思い、
宮元CLに聞くと「そうだよ」との事なので昨日登った大天井の登りに負けないくらいの登りだが、
「がんばろう!」と自分に言い聞かせ急登に向かっていく。歩く順番は前からSLの水廣さん、
次が佐伯さん、私、撰定さん、最後がCLの宮元さんとなっている。前二人がしっかりした足取りで歩くのを見ながら 遅れまいと一生懸命についていく。
このあたりからは次の休憩はどの変なんだろうと思いをめぐらしながら登っていて、周りの風景を楽しむ余裕がなくなってきていた。

ついつい時計ばかりに目がいってしまう・・・
あの岩稜に着いたら・・やっとのことで着いたらまだ奥に高いところがある!!!しかも雪まで付いて・・・・少しショック 気が萎えたせいか、
このあたりから前の二人についていけなくなる。
足が前に出ない・・ ザックが重い・・・

息が続かない・・・・
こうなったら休み休み行くしかない・・
それでも歩き続ければ山頂は近づくもので、
青息吐息になりながらも常念に到達しました。

9時30分  常念岳山頂
本日はメインはこれだけではなかった。
予定では蝶ヶ岳にいくことになっているので、
5分休憩しただけですぐに出発。

常念は登りもきつかったが下りも岩稜ばかりで
まったくいやらしい。

のぼりで体力をほぼ使い果たしていたので、
下りでふらふらになりながら降りていく。
後で考えれば事故ってそんなときに起こるのだろうなという状態でした。

途中で食事をかねて大休止を取るがその直前には
人の声がうつろにしか聞こえなくなっていた。
ただただそこまで歩けば休めるという・・・

大休止の後はなんとか気分もすっきりして歩き出しましたが、体力が回復とまでは行きませんでした。
そのうち、本日のメインパート2が現れてきて・・・
蝶槍への登り・・・
いやいやこれがほんとにキツカッタです。
前の二人がすたすた歩いていくのがほんとに
うらやましかった。
何であんなふうに歩けるんだろって・・・
仕舞いには二人の姿が見えなくらいに
離れてしまうことも何度かありました。
自分の体力がないのは棚に上げて
「もうすこしまってくれよ」と逆切れしそうにも
なっちゃいました。
そういえばここでも何人にも抜かれたな〜〜

岩稜帯に入ってからも山頂らしきものは見えるけど
体が動かない足がなかなか前に出ないという
状態でした

15時54分  横尾の分岐
16時10分  テント場到着
とにかく私、松本がこういう状態でしたから
SLの水廣さんは蝶ヶ岳のテント場まで
行きたかったみたいですけど、
CLの宮元さんは行かないほうがいいと判断したのか
蝶ヶ岳手前のところでテントを張りました。
自分はかなりグロッキー状態で
テントの準備もあまりできない状態で
迷惑をかけました。

夕飯  
豚ステーキ味噌風味、白ねぎ焼き、なめこの味噌汁

  
蝶ヶ岳ヒュッテ



蝶ヶ岳ヒュッテ


蝶ヶ岳頂上!
5月6日(土)
時40分  起床

朝食  かにぞうすい(卵入り)、漬物
6時55分  テント撤収、出発
今日は朝はゆっくりだったので体力も幾分か回復。
荷物も減らしてもらったので 
だいぶ楽になりました。

7時40分  蝶ヶ岳ヒュッテ
7時50分  蝶ヶ岳
テント場からは大した登りもなく、
あそこまで行けば後は下るだけという気持ちのためか難なく登れました。

8時10分  妖精の池
9時05分  長堀山
後は下るだけだけどこれがなかなか急で足腰がかなり弱っているのであちらでスッテン
こちらでスッテン転びながら下り、
中にはここで滑ったらやばいなというところまあり
慎重に下ってゆきました。


最終日、疲れ切った松本でした。

徳沢園着



カッパ橋から穂高連峰

11時40分 徳沢到着
徳沢に無事下りてビールで乾杯!!
14時 明神












15時30分  上高地
16時30分  沢渡(駐車場)
上高地では観光客と登山者が入り混じって
かなりごった返していた。

私自身としては明神池よりも
あの有名な河童橋が渡れて、感無量でした。

18時  須砂渡キャンプ場(安曇野市)
ここは沢渡から離れているが料金も安く(2500円)
向かいに
ほりでーゆ四季の郷があるので
風呂にも入れるしそこで食事もできるし、
なかなかべんりだった。
5月7日(日)
3時  起床

3時30分  テント撤収、出発
この後 高速で下関へ
17時20分  小月ホンダ到着今回感じたこと
やはり中央に行くのなら、それなりに鍛えておかなければいけない。不必要なものはもっていかない。
あえてもっていくのならそれらを十分にもてるだけの体力がなければ、メンバーに負担をかけることに
なってしまう。
しかし、初めての北アルプス 表銀座縦走は 天気に恵まれたせいもありますが
とてもいい思い出となりました。
記録:松本(今年SACの正会員になり、初めてのトライ!)準備不足(トレーニング不足)を反省しています。