多良岳山系縦走 登山バス記録


       GPSにてコース踏査 《 記録: 細川 》

日時 2006年5月13日〜14日(日) 
参加者 24名と4名(別隊で合流登山)
山名 五家原岳〜多良岳〜経ヶ岳〜平谷

五家原岳頂上より出発で最初が下りの登山となる、登山道の断面図:細川  


行程及び記録
5月13日(土)雨のち曇りから晴れ
13日天気図
9:50 下関「K2」出発
12:05 大村湾PAにて昼食を摂る。此処は西に大村湾を一望できる日没夕日の美しいロケーションで、
一度夕日の時間帯に訪れて見たいものである。
13:16 大村ICを出て、直ぐの所で待ち合わせていた下松八重さんの案内で今日の宿泊予定の
黒木公民館へ向かう。

黒木の石垣
13:35 黒木公民館到着、
14:00 黒木公民館到着後、
夕食まで少し時間が有るのでお客さんを連れて日本一大きな樅の木を見に行く。その間使役は夕食の準備を進める。今日の夕食は豆ご飯、赤米、豚汁、サラダを山根シェフの指揮で料理する。
同時に,藤井さんは明日の登山口までの道路状況の偵察に行く。
16:30 夕食、
夕食の宴食卓
5月14日(日)晴れ
14日天気図
4:00 起床、朝食はウドンと昨日の残りの豚汁、豆ご飯と赤米の残りはニギリメシにして持って行く。
5:00 朝食、昨日の雨も上がり今日は好天が期待できそうである。
1週間前の予報ではこの日は雨と成っていたが幸い天気は回復し、一安心である。
5:45 黒木公民館出発。予定より少し早く出発できた。

五家原岳頂上より経ヶ岳への稜線
6:40 五家原岳出発。通常、登山は登から始まるのであるが、
今日のここからはいきなり下りが始まる事に対し、少し奇異に感じているようだ。
7:34 中岳にて最初の休憩を取る。夏鳥のツツドリとホトトギスの鳴き声が聞かれる。
8:45 金泉寺着。
五家原岳から金泉寺に駈けての稜線は天然林の灌木帯で樹林のトンネルを進んで行く。
この間、樹高3〜5mの大きなシャクナゲが点在し、既に花の盛りは過ぎているが、
花は未だ鑑賞に耐える立派なものである。
地面に散り敷いた花びらも未だ色鮮やかで美しいものである。
その他、初夏の木々の花或いは下草の種々の花々が競って咲き皆さん喜喜としている。
此処には「バイオトイレ」が設置されており、ここ最近いろんな山でこれが設置されているようだ。
これは湿ったオガクズと糞尿を混ぜバクテリアで有機物を分解させる構造であり、
臭いが無く分解した滓は有機肥料として使える。
9:15 多良岳着。金泉寺から空荷で多良岳を往復する。
 多良岳頂上
 金泉寺
9:37 金泉寺で小休止をしていると、今朝出発した、市橋さん、水廣さん、西村さん、撰定さんの
四人に出会う。
9:45 金泉寺出発。
10:51 中山越から平谷越に駈けて、今年の春先から初夏の低温の影響か藪椿の花が遅くまで在り、
赤い椿の花の散り敷いた景色は美しいものである。
11:50 平谷越。
経ヶ岳山頂は狭く、今日は沢山の登山者でごった返しているので平谷越で昼食を摂る。
平谷越にて、昼食
12:38 経ヶ岳山頂は狭く、平谷で昼食後、空荷で経ヶ岳を往復する。
頂上での記念撮影の場所取りで皆さん大変である。
頂上の看板を囲んで記念撮影する。
多良山系の稜線登山道は殆どが樹林帯で展望は良くない。展望の利くのは頂上付近が主である。
 
経ヶ岳頂上                            経ヶ岳頂上より五家原岳を望む
13:05 平谷越
13:53 平谷分岐から平谷へは谷を下るのであるが、一カ所岩場で切れた所があり、
安全のため此処にはフィックスロープを張って通過する。
    
平谷登山口の駐車場より多良岳山系の稜線を望む         平谷の駐車場
14:46 平谷温泉入浴。今日のコースは高所から低所への登山であり、長い距離を歩いたが
比較的楽に登行出来た。
全コース11.5km、時間8時間12分、皆さん良く何事もなく楽しく頑張っていた様子です。
今日の山行は長崎山岳会の皆さんの協力の賜です。
快く協力を引き受けてくださった皆さんに心より感謝いたします。
15:58 平谷出発
17:52 基山
19:02 下関「K2」
使役: 篠田、江頭、山根、宮元、M口、下松八重、藤田、藤井、野村、市橋、水廣、西村、撰定、細川
協力: 長崎山岳会(吉村克伸さん、三田徹さん、下松八重悦子さん、下松八重宏太さん)
出逢った・・・・写りの良かった花たち



マルバウツギ

ハナイカダ





ギンリョウソウ