2007年正月合宿
大山 槍尾根
12月30日〜1月2日


                         山域
大山 (鳥取県)
                         日時 200612月30日〜1月2日
                         参加者
木村正(担当・CL) 山根(装備・SL) 市橋(食料)
吉村(会計) 西村(食料) 撰定(記録)
                         目的

槍尾根〜天狗ヶ峰〜剣ヶ峰往復
新人の為の雪山登山及び雪上訓練


 
  今回登攀をする槍尾根全景


12月30日 曇りのち雨(現地雪)
        小月ホンダ9:00出発〜三隅経由
        奥大山スキー場17:00着
曇っていたが出雲辺りから雨、奥大山スキー場に着く頃には
雪になっていた。
暖冬で積雪は少なく、出発の2〜3日前の寒波により
スキー場もなんとかopen出来たみたいだった。
テント設営後、白菜と途中の道の駅で仕入れたごぼうで
野菜鍋、ちょっと早めのおせち(マスミさんの手作り)
で乾杯!
いただきまーす!
明日より、いよいよ私にとって初めての本格的な冬山登山。
不安と期待で20:05就寝。
    登山口からの樹林帯


 
  樹氷と烏ヶ山の展望!


 
 
  今日のボッカ終了。無事テン場?着(キリン峠)



 
  明日登る夕日に照らされた槍尾根とSACテント

12月31日 曇りのち晴れ
        起床4:00〜7:00出発〜キリン峠1406M
        15:40テント設営
朝食にきつねうどんをいただき、7時出発
新雪でフカフカ、スキー場から45号線は除雪されていないのでワカンを装着し鍵掛峠方面へ向かう。鳥越峠への登山口からは深雪で、ワカンをはいても膝まで埋まる。(ワカンはいてもこんなに沈むの?)ラッセルのトップを交代し雪面を踏み進む。なんだかうれしい楽しい!のは最初の30歩までだった。新雪で慣れないワカンと格闘、しばらくラッセルを続けるとスノーシューを履いたカラ荷の男性が「トレース使わせて貰いました!」と挨拶されスイスイと追い越して行く。スノーシューのトレースはまったく締まっていない。
次第に雲の切れ間から青空が見えるようになり、烏ヶ山も姿も召せるようになってきた。ふと見上げると、木々に霧氷が縁取られ輝いている。(ワー キレイ!)(うーキツイ!)
ワカンでもつぼ足状態ノラッセルで苦しみながら標高を稼ぐ。

休憩中、山スキーの男性に出会う。
木々の間を上手に下ってゆく。もうひと頑張り、
もうすぐ、目指す尾根だ!


















フーッ!ようやく着いた。
キリン峠への尾根。テントを張れそうな場所を探しながら、登るとキリン峠に着いてしまった。1406m地点でテントを張る事となった。















風が吹かない事を祈りながら、吹き飛ばされないように厳重にテントを固定する。
設営終了15時40分。
予定では昼頃テントを張って、雪上訓練の予定がすぐ食事の用意をすることとなる。









夕食はキムチチゲと年越しそば(出雲そば)
乾杯!いただきまーす!


 
  初日の出を迎る。登山準備の確認!




1月1日 晴れのち曇り (上部風と雪)  
        起床5:00〜7:20出発
        槍ヶ峰の肩着12:30
        テント着15:20
烏ヶ山をシルエットに初日の出。
今日の登攀の無事を祈る。
朝食におぞう煮とおせちをいただき、7時20分出発。
 
  ザイル装着。慎重に登攀開始



風も微風で好天、暫くブッシュの尾根を進む。
雪面の広い尾根と変わり、だんだん傾斜が強くなる尾根を登って行く。透き通るような青空、槍尾根の白と青空の世界が広がる(恐ろしいほど美しい!雪山最高!)
テンションが上がる。
しかしこの後本当の恐怖が待っていた。
次第に尾根は幅が狭くなり、傾斜もキツクなる。
「アイゼン装着!」CLの指示
(エーッ!こんな所でアイゼン着けるの!?)
不安定な足場を踏み固める。
ロープにオートブロックをハーネスに取り付ける。
再び前進、トラバースも段々急勾配になっていく。




 
  急斜面のトラバース


三の沢側が怖すぎて、直視出来ない。
恐怖心と自分の足場にばかり、気を取られ天候が変化している事に気づかなかった。次第に風が強くなり雪がチラつきだした。山の様相は一変した、急激に荒れ始める。
風にあおられバランスヲ崩しそうになる。
ナイフエッジの尾根を通過する。(怖すぎ!!)
傾斜のきついトラバースに支点をとる、支点のカラビナにロープを架け替えるがあせって旨く出来ない。
激しくなる風雪の透き間より槍の岩峰が見える。
(もう少しだ!槍ヶ峰は数メートル先に!)
ところが益々吹雪く一方、槍を巻きその肩にてこれ以上の前進は無理、ということになった。
12:30下山開始。
雪煙が舞い上がり、氷の粒が目に飛び込む。
もう、まともに目もまともに開けていられない。涙と鼻水でグシャグシャ。
往路であれほどコワカッタ、トラバースも視界が効かないせいか、恐怖心なく、スムーズに通過。ようやく、我が家(テント)に着。15:20
激しかった行程が一瞬の出来事のように思えた。
達成感と言うより戻れたという安堵感のほうが強い。

夕食はスパイスに効いた、スープカレー

山根さんから「今日はお前達(新人2名)10点だ!」叱られた。(10点もくれるんですか?・・・・・)


 
  無事下山。国道45号線にて休憩


1月2日 小雨が降っている。テントを撤収
       起床5:00〜下山出発7:30
鳥越峠へ向かう。手前より前日の下山者のトレースに従い下ると登りのトレースへと合流する。
登山口10:10〜奥大山スキー場着10:45
11:10出発〜庄原IC〜小月IC下関着
小月ホンダ16:30着
無事、正月合宿終了!17:00解散!


合宿されたみなさんの感想:
木村:前回出来なかった、槍を乗り越える事が出来た事。
山根:全天候を体験出来た。全員無事に下山できた事。実践的なザイルワークの必要性を強く感じた。
吉村:全天候を体験でき、良かった。
市橋:女性新人二名の参加したこと。今回は最年長でした。
西村:ナイフエッジの尾根を歩け、槍をトラバース出来て良かった。
撰定:初めての本格的な雪山ということで、かなり不安でしたが先輩達のサポートのお陰で何とか登れる事が出来た
    本当にありがとうございました。
    終始あせっていましたので、冷静な判断、行動が出来るまでより多くの経験の必要を感じました。
    厳しいルートや吹雪に達成感を感じるより、無事下山出来た安堵感が強かった。
    下界に下りた今、槍尾根の雪の白さと空の青さが思い起こされる。