2007年1月県岳連冬山登山大会
十方山
1月27日〜28日(日)



登行中のGPS軌跡:車の走行軌跡→緑線登山コースの軌跡→赤線

 H18年度冬山登山大会報告書(2007年1月27日〜28日)


1.場所: 広島県/十方山「県岳連冬山登山大会」
       会員の冬山登山技術の研修と親睦雪崩埋没者のゾンディング捜索、
       雪上での支点の設置、ツエルトの利用方法を研修する。

2.参加者:山根幸雄、植村 ヨシエ、野村友子、撰定麻紀 吉村 正巳、佐伯 近史、細川 功
       

3. 記録

1/27 19:00;小月ホンダ出発。
       小月ICから高速道路に入る。途中、六日市で冬用タイヤの装着チェックを受ける。
       六日市を過ぎる頃から雪が舞い始めるが、路面で直ぐに溶けて路面の積雪はない。
       戸河内ICまで順調に通過する。戸河内ICを出た町中も路面の積雪は無いため、県道252号線に入り
       内黒峠経由で二軒小屋へ向かう。252号線に入り高度が上がると路面の積雪が見え始め、
       登るに従い次第に雪が深くなる。
       しばらく行くと急坂で車のタイヤがスリップを始め、進めなくなる。
       タイヤチェーンを探すが見つからない。
       仕方なくターン出来る場所までバックし、車をターンさせ引き返し、
       191号線経由で二軒小屋を目指す。191号線の途中で恐羅漢山方面に左折する。
       餅の木峠手前の急坂で積雪深くなり、またしてもタイヤの空転、手前の平地まで引き返し、
       近くの空き地(餅の木付近)にテントを張り泊まる。
       
車は10人乗りハイエース2WD、タイヤは冬用を装着している。
1/28 1:00; 餅の木テントサイト着
     2:00;夜半より降雪が続くため明日は道路の除雪が終わった後に出発にする事にし、就寝する。
     6:00;起床 朝食は芋粥、
       1月月例の残りの米を山根さんが予め炊飯していいたご飯を入れ直ぐに出来上がる。
       昨晩からの積雪は約20cm、除雪車のさぎょうを終えるのを確認し、出発する。
       除雪を終えているので昨晩引き返した急坂も難なく越えることが出来る。

     8:30十方山登山口到着。宇部、山口、出光、山歩の各クラブは昨晩この近くまで上がっているので
       すでに出発している。


     8:50;駐車場を出発。                         樹林帯の登山道
     9:50 小休止
     10:35十方細見谷分岐点
     11:40頂上着。昨日からの降雪で積もった雪であろう、
        それまで積雪は無かったのではないかと推測される。
        頂上の積雪は10cm程度であるが周辺の吹きだまりは50〜60cmある。
        昼食後全員、12:30分からこの場所で冬山技術の研修を約1時間程行う。

     13:40頂上出発。途中の風の無い林の中で休憩し、行動食を摂る。
     15:27登山口着。
     15:50;出発。帰路に付く。
   19:00;下関小月ホンダ着、解散。
     


        

  頂上