下関山岳会平成212月月例山行 大山 三鈷峰北稜 2009220(金222(日)

参加者 城代(担当・CL)  原田俊(装備・SL)  水廣(記録・会計・食料)




21日〜22日三鈷峰登山ルート挿入(昭和46年頃の航空写真と重ねました)



2月21日15:15 三鈷峰北稜中間部より登攀全容

220() 晴れ

小月IC(19:30)〜鹿野IC〜庄原IC〜一般道〜大山寺南光河原駐車場(01:10)

予定の時間に原田さんと集合、城代さんの待つ鹿野ICへ出発する。
今回の月例山行は当初、大山ノーマルルートの
A隊と三鈷峰北稜のB隊が大山に一緒に入るはずだったが、
A隊は都合により寂地山に計画を変更していたので我々B隊のみの行動となる。
もともと装備・食料を別々に計画していたので、急な変更にも問題はなかった。

鹿野ICで城代さんと合流。道中今回の行動について打ち合わせる。
この三鈷峰北稜はもう数年来の計画であり毎年チャレンジしているが、天候、雪質等の条件に恵まれず未だ達成できずにいた。
今年は、川床からのアプローチをあきらめ、大山寺から入山し、一日目に下宝珠越にベース設営。
三鈷峰北稜取付までの偵察をして、2日目をアタック日と予定している。
天気予報では一日目がベストとも思えたのでそれは現場判断とすることで意見は一致した。
全員初めてのルートで行ってみなくちゃわかんないというところだ。
とりあえず全員が今年こそは
!という強い期待を持ってることは確認できた。

深夜、大山寺の南光河原駐車場に到着。
テントで仮眠の予定だったが、バラバラと雪が激しく降ってきたので、車内を整理し車中泊とした。


221()晴れ
大山寺(7:15)〜大神山神社〜下宝珠分岐〜下宝珠越(幕営)(9:0510:20)〜剣谷〜阿弥陀滝(12:00)
三鈷峰北稜稜線
(13:00)〜ジャンダルム〜山頂(19:35)〜ユートピア小屋(20:20)

6時起床、各自で簡単な朝食を済ませ準備する。
昨夜到着したときはそうでもなかったが、駐車場は登山者の車で結構うまっている。
北壁に登るパーティーなのかほとんどが大きなザックにヘルメットのフル装備の登山者だ。

昨夜のうちに20cmほど新雪が降ったようだが、天気はよさそうだ。我々も装備を分担し出発する。
大山寺橋を渡ったところの元旅館がmont−bellのお店になっていてびっくり。城代さんが思わず一枚目の写真を撮っていた。
いつもどおり大神山神社にて安全祈願のお参りをする。屋根に積もる雪は例年に比べ少ないようだ。
下宝珠分岐よりまだ誰も踏んでいない真っ白な雪面をゆっくりと下宝珠越をめざし登る。意外と湿度の少ない雪がいい感じだ。
9時すぎ、下宝珠越に到着。10
mほど宝珠山よりの鞍部にテント設営。「とりあえず10時までゆっくりして出発しよう」と原田さん。
さっそくテントに入る。その時、同じルートをあがってきた登山者から「下関
(山岳会)さん?」と声をかけられる。
「嵐
(山岳同好会)です。
今日はどちらへ
?」の質問に三鈷峰北稜の偵察へと応えると「おもしろいですよ。じゃ」と宝珠尾根を中宝珠へ向かっていった。
嵐さんといえば、下関の隣の北九州の山岳同好会でその山行はいつも
HPで見ていたし、
今回の三鈷峰北稜については全面的にその記録を参考にしてきた。なんとなく良い予感。


それはともかく水廣はさっきから気になることがあった。
条件さえ良ければ今日はもしかして行っちゃうかもしれないというのに、しょうが湯などのんびり啜っていていいのか
?ということだ。
行くならさっさと行こうよ、
10時って・・・。
思わず城代
CLに聞く。「もし、もしも三鈷峰頂上踏んでその日はユートピア泊ってことはあり? なし?」 城代CL「装備重くなるやん。
宝珠尾根の下りは問題ないし、ユートピア泊ってことは小屋ビバーグになる。」はい、了解。
ビバークの装備はツエルトと
EPガスを持っていく。
結局1020分、テントをでて下宝珠越から剣谷に下る。天気は良いので視界も良好。尾根の斜面にも真っ白の雪が眩しい。
谷の沢心を阿弥陀滝にむかって進むが思ったより積雪も少なく締りの良い雪に意外と早く阿弥陀滝の頭部に到着した。
この阿弥陀滝を懸垂下降したのち、剣谷と三鈷東谷の出合あたりが北稜の末端でここから稜線登りとなるはずだ。
原田さんの確保で城代さんが滝の左岸の木に
50mロープを2本つなげてセットする。
「原田さん、最初行けますか
?「よし」原田さんは「ここは帰らずの滝だ。降りたらもうここには戻らん」と言い残し降りていった。
だが、滝は結氷しておらず、滝心には水が流れ、原田さんは流された冷たいロープを捌きながら下降しているようだった。
しばらくしてコールあり、水廣が下降する。
城代
CLからは「原田さんはたぶん濡れたから、ここから撤退するけど降りる?それとも一人で引き返す?」と聞かれ
「ここだけ行かせてください」と返事をし下降開始。しかし、1
mも降りないうちに後悔する。
予想以上に凍ってない岩肌はつるつるで踏ん張れない。
もう必死で体制を保ちつつ下降、ロープの流れは滝の落ち口に向っていてそれを避けようとしてもふられてしまう。
結局、原田さんの立つ雪面にはザックをつかまれ仰向けに着地した。この瞬間なんとなくスイッチがはいった自分がいた。
もう、怖いとか行きたくないとかいう後ろ向きの気持ちがぬけおちていた。
濡れて冷たい手袋を交換している間に城代さんが降りてきた。ロープ回収。
「原田さん、濡れた
? ここで撤収にしましょう」というCLに「濡れてない。行けるぞ。」
とさっさとロープをザックにしまい、原田
SLはスタスタ歩き出した。
その後を追いながら「原田さんが行けるって言うから行けるよ。」と城代
CLも笑顔だった。この時点で12時。
これで今夜のメニューは 下記に決定。

上=テントで完登祝?
並=ユートピアでビバーグ?下=風雪のビバーグ?

   
8:17 下宝珠越への登り                       10:17 剣谷下り  
                 
          
 11:18〜11:54  阿弥陀滝上部から滝口へクライミングダウン  

   
13:24 北稜を行く

         
14:53 北稜雪面


15:15 三鈷峰北稜登攀全景

阿弥陀滝からしばらく進むともう正面に北稜の尾根が確認でき、登れそうなルンゼをつめることにした。
取り付いてみると雪はよくしまっており昨夜の新雪が
30cmくらいさらさらと落ち着いてないが雪崩を心配するような状態ではない。
稜線上に出るころには傾斜もキツくなったがブッシュをつかみながら
1時間で稜線にでた。
三鈷東谷をはさんで甲ヶ山から野田ヶ山の連なりも絶景だ。ザックを降ろし休憩。
案外はやく稜線にでたのでまた勝算がでてきた。再びザックを担いで、雪庇に注意しながら痩せた稜線上を三鈷峰へと急ぐ。
稜線上、樹林のブッシュを頼りにしたり、邪魔に思ったりしながら進む。
急傾斜のクラストした雪面をのぼりきるとジャンダルムといわれる岩峰がのぞめるはずだ。
いきなり正面に大きな岩塊が立ちふさがりこれを慎重に右手のブッシュをまくとリッジ上にでた。
ここでロープをだし、アンザイレンする。

1P目 トップ 原田、 セカンド 水廣、 ラスト 城代のオーダー。
痩せたリッジは最初のブッシュをのりこすとろこが嫌らしい感じだ。右も左も切れ落ちて高度感もたっぷり。
堅雪がよくついているのが救いだ。
50mロープいっぱいでコール。トップに続く。ロープに確保されているので怖さは無い。
着実にトップのトレースをたどる。


2P ラストを上がってきた城代CLが今度はトップで登る。これから登っていくルートはすべてが見えている。
ブッシュのリッジに沿ってルートを延ばせばいい。ブッシュの左側、急な雪面を登る。


15:34 第一ピッチ                              16:22 第二ピッチ


3P目、4P目と順調にラインをのばす。ブッシュのリッジの左斜面を斜上、鞍部にでる。

5P目、原田さんが順調にロープをのばすのをみながら、城代さんが、
「たしか、この先まだ何ピッチかあったよね。まだ、頂上まで2時間半くらいかなぁ。ところで今何時?
5時半。」
「えっ やばいじゃん!!」 
やばいって山頂到達までに日が暮れちゃうってことだよね。そうだよね。
まだまだ明るいので危機感は薄いが、眼下の東谷にはもう日が当たっておらず、
甲ヶ山の尾根にはこの三鈷峰北稜の影がだいぶのびている。着実に夜になろうとしていたのだ。
ブッシュのリッジの上部のラインがまだ読めていない。
とにかく確実にロス無く前進するのみと気持ちを集中させる。
原田さんの待つビレーポイントに到着すると三鈷峰西壁が目の前に迫り、風が吹き付けていた。
弥山夏道の向こうの西の空にはまさに日が落ちようとするところだった。大山の町はもう薄闇のなかで街灯がぽつぽつと灯り始めた。

「ヘッドランプの用意をしとけよ」原田さんより指示。アウターのポケットに入れておいたヘッドランプを首にかけておく。
城代さんと原田さんの緊迫した確認の声が響く。

6P目、ヘッドランプを点灯。意外と雪明りのせいか足元も見え、登行に問題はない。
しかし、そこへラストであがってきた原田さんが「ランプ落とした
!!」「ええっっーーー!! 城代さん再び「やばいやん!!

7P目、傾斜が緩やかになった右に屈曲したやせ尾根。原田さんのリード。ランプなしでそのまま行ってしまう。
薄暗いなかガツガツと先行していく原田さんを見守る。正面の南の空にはオリオンの星も昇ってきた。
この段階ではもう核心を超えていたが、とにかく慎重に確実に行動する。

この先から頂上は目の前だ。慎重を期して、ヘッドランプのある水廣が先行、原田さんとコンテで進む。
安全策をとって城代さんが確保してくれる。南からの向かい風をうけながら一歩一歩確実に前進。
そこへ平らな雪面に
2つのケルン。
三鈷峰の山頂だ。
城代
CLを迎え、3人で握手。
「やったー
!! 」と手放しで喜びたいところだがまだまだ気を抜けない。暗闇のなかで記念撮影。その出来は・・・・?
夜空の星と北壁のシルエット、米子の町の明かりが三鈷峰北稜のゴールにあったものだった。

三鈷峰山頂、1935分。

登頂の感動もそこそこ、今日の最終ゴール、ユートピア小屋に入らなくてはまだ命の保障は無い。
天気は抜群に良いが風がすごいのだ。絶対確実のためこの風の中、城代
CLが「コンパス」と指示。
地図をだしヘッドランプの灯りで方角を確認。指示された南西の方向の雪上を下り始める。念のため城代さんが確保。
しばらく進むと右手に見覚えのある壁。そして凍りついたロープを確認。無事ユートピアとの稜線上に出た。
もう、
5分もかからず小屋に着くはずだ。そうは思ってもまだ小屋が目視できずにいたので不安にもなった。
やたら長く感じる。そしてやっと小屋に到着。
ドアの雪をはらって中に入ると風が避けられるというだけでとても暖かく感じた。
2020分。

全身凍りついた装備を解除。やたらため息。なかなか緊張が解けない。
板間にあがり3人で車座になりツエルトを被り、ガスに火をつけ、雪を溶かす。お茶やコーヒーを身体に流し込む。
やっと人心地がついた感じだ。各自、行動食をザックからひっぱりだし今日の食事。

城代
CLのザックからは一本のビール。「カンパーイ!!3人揃って「はっーーーーーー!!」とまた深いため息。

燃料は充分にあるので起きている間は火を焚く。
暖はとれるが、ガソリン燃料と違い
EPガスだとまったく乾かない。むしろ湿度があがって、ツエルトの内側は濡れてくる。
冬山の常識とはいえ、本日身を持って実感することとなる。ちょっと重くても持ってくれば良かった。

11時を過ぎ、寝ることにする。シュラフなし。城代さんと水廣はレスキューシートを持っていたので使ってみる。
体が温まっているうちは少し寝ていたと思う。
しかし、火のぬくもりが消えると同時に体が冷えると目が覚め、自分の体が小刻みに震えてとても寝れたものではなかった。
外では風が休むことなく吹き荒れている。

夜中3時半、トイレに起きたのを潮に3人とも身体を起こす。寒さで寝られないらしい。小屋の外の気温はマイナス5℃。
再び火を点けるとやっと暖まり体の震えも止まる。
起座姿勢のままうつらうつら・・・・。


222()晴れ〜曇り昼過ぎより雨
ユートピア小屋(7:20)〜勝間ケルン(8:00)〜上宝珠〜中宝珠〜下宝珠越(ベースにて休憩10:0013:00)
大神山神社〜大山寺
(14:00)〜大山寺駐車場〜庄原IC〜鹿野IC〜小月IC
明け方、小屋の外が明るくなった。風は相変わらずで今度はこの風の中下山できるかどうか心配になる。
その強風の中、モルゲンロードをねらって城代さんは外へ。
7時すぎ、身支度を整え小屋の外へでる。台風のような強風の中下山開始。
風速
2025mだろうか、飛ぶ気にさえなればたぶん飛べた。耐風姿勢をとりつつ進む。分岐から宝珠尾根へトラバース。
今日は雪崩の危険は無いが、やはり強風とスリップの恐怖から超へっぴり腰で上宝珠へ。疲れた。
上宝珠と中宝珠の中間点で今日登ってきたパーティーと行き会う。ここでは風も無くやっと一息できる。
   
6:33ユートピア小屋と三鈷峰                   7:51 剣谷のトラバース勝間ケルンへと

北壁を見ると弥山尾根、別山尾根に何パーティーかとりついている。ここからみると絶壁を登る蟻のようだ。
北壁には風はないのだろうか
?頂上稜線では風で雪煙が吹き上がっている。西の空も薄暗い。
今日は午後から天気が崩れる予報だ。
北壁チームも時間の勝負となりそうだ。こちらも下宝珠へ急ぐ。



宝珠尾根より大山北壁全景


昨夜の強風でテントは無事でいてくれるだろうかと心配したが、何一つ変わらない様子で昨日の場所にあってくれた。
テントに入りガソリン燃料で火をつけ昨日食べ損ねた「豚汁」で朝食兼昼食。ビールもあけてほっとする。
できればシュラフにはいって一眠りとしたいところだが、下山が億劫になりそうでこわいので、のそのそと外にでてテントを撤収、
下山開始。
大神山神社で下山報告のお参りをして、大山寺へ。

南光河原の駐車場、14時到着。駐車場は除雪してあり、周りの登山者も下山の時間で賑わっていた。
そのころちょうどパラパラと雨が降り始めた。


感想
今回も諸々の好条件に恵まれすばらしい山行ができたと思います。「三鈷峰北稜」がやっと仕上がったのはとてもうれしいです。
しかも、好天、夜間登攀、夜の山頂、小屋ビバーグ、強風の下山とは盛りだくさんすぎる・・・。
個人的にはまた新たな課題も見えてきたので今度はその課題にじっくり取り組むトレ山行もしたいと思いました。
同行の2人のリーダーには本当に感謝です。
リード登攀とロープワークの連続、的確な判断と冷静な行動なくしては今回のような成果はありえなかったでしょう。
有難うございました。
(記録担当:水廣)