平成22年5月個人登行 (傾山~祖母山縦走)

山域 : 祖母―傾 山系 (大分県、宮崎県)
日時  :平成22年5月1日(土)~平成22年5月4日(火)
参加者 :市橋(CL、装備)・木村ヤ(食料)・松原(記録)・播磨(会計)

・5月1日(土) 晴れ

pm1時 幡生駅出発

pm5時 九折駐車場到着。連休のためか駐車場には沢山の車が止まっていた。

市橋氏と合流し縦走に向けて、車を1台、尾平駐車場に廻す。

pm6時夕食(各自)

pm7時30分就寝


九折鉱山跡登山口~三つ尾~三つ坊主~二つ坊主~傾山~九折越・・・テント

・5月2日(日) 晴れ

am4時30分起床

    各自朝食を摂り、テントを撤収して5時45分出発。

 am6時25分 観音滝

    落差約80mの端正な美しい滝でした。

 am8時05分 三ッ尾到着。小休止

    三ッ尾から暫く歩くと坊主コースと渓谷と辿るコースに分かれるが

    距離的には渓谷コースの方が短いが登山道が荒れているとの事で

    坊主コースを歩む。

    坊主コースは小さな岩場が数箇所あり、変化に富んで

    登っていても楽しいコースであるが、縦走のため重いザックを

    担いでの登攀は緊張する。途中2回小休止をとる。

 pm0時05分 傾山山頂に到着 大休止

    山頂からの展望は良く、南に五葉岳や夏木山などの大崩山群の山々が

    見え、西には笠松山、本谷山、古祖母山、祖母山などの祖母山群が

    望め、明日の縦走に思いを馳せた。

pm1時 傾山山頂出発

    比較的緩やかな下りで、大休止の後でもあり、軽快なペースで

    九折越に向けて歩を進める。

pm2時10分 九折越到着

    九折越は比較的平坦で広いテント場で、すでに5張りのテントが

設営されていた。

小休止のあと、テントを設営し4人揃って距離で300m位下った

水場に水を汲みに行く。汲んだ水を試しに飲んでみたが、冷たく

スッキリした水であった。

汲んできた水でコーヒーを入れ、夕食までのひと時を過ごす。

pm5時30分 夕食

    夕食に先立ち、担ぎ上げたビールで今日一日の健闘を労い乾杯する。

    木村さん献立の鮭のフライパン炒めと鍋料理であったが、栄養的にも

    味付けも量も十分であった。

pm7時30分 就寝



観音の滝                     三ッ坊主~二ッ坊主への岩場にて

傾山頂にて一時間昼食タイム後記念撮影

九折越キャンプ場でコーヒーtime

九折峠~笠松山~本谷山~尾平峠~古祖母山~障子岳~祖母山

5月3日(月) 晴れ

am4時00分起床

    雑炊での朝食を摂り、テントを撤収して5時05分出発。

am6時25分 前笠松山 頂上

am6時40分 笠松山 頂上 

am7時55分 本谷山 頂上

九折越から尾平越までのルートは幾つかのピークはあるものの、緩やかな

アップダウンの連続である。

途中にはミツバツツジやアケボノツツジの群生があるが、まだ三分咲か五分

咲きで、木によっては八分咲きであった。

次第に気温が上昇し発汗量が増えて来て

約1時間毎に小休止を取る。


笠松山頂

笠松山の山頂(笠松山三角点は別のピークにて確認する)

本谷山山頂にて

笠松山の尾根の曙つつじ群生地にて
(あけぼのつつじはこのあたりが一番の見どころの様だ)

pm12時15分 古祖母山 頂上 大休止

尾平越より古祖母山頂上までは単調な長い登りである。

気温が更に上昇したため体力の消耗が激しい。

今日の核心部に思われた。

頂上からの展望が良く開けており、東に遠く傾山や三ツ坊主が望める。

北に目を向けると、本日のゴールの祖母山がドッシリとした山容を見せている。

ここで昼食を摂る。


めずらしく若者たちと会う(大分市から来て、天狗岩を登ったそうだ

pm13時古祖母山 頂上出発

   障子岳を下っているときに地元の方に緑色のバンダナを頂く。

   何でも今日が祖母山の山開きで、登山者に無料で配っているとの事。

   タダには弱い4人なので、笑顔で遠慮なく頂戴した。

   チョッピリ得した気分になった。

   烏帽子岩、天狗岩を経由して祖母山の頂上に至る。


山開きの記念バンダナ(実物はもっと色が綺麗)

pm3時45分 祖母山頂上

   山開きが済んだのが山頂には登山者はいなかった。

   縦走路を眺めると遥か彼方に傾山が見え、こんなに長い距離を歩いて

   来たのかと暫し感慨に耽った。

   後から登ってこられた登山者に4人の登頂記念の写真を撮って頂いた。


歩くのに飽きたころ祖母の岩場に取り掛かり、山頂に到着!

祖母山9合目テント泊~宮原~尾平P

pm4時15分 九合目小屋到着

   ここで今夜と明日用の水を汲み、顔の汚れを落とす。

   市橋さんが今夜の乾杯用にビールを購入する。

   本当は予約がないと売ってくれないのだが、そこは市橋さんの人格

   (押しの強さ?)で2本売って貰う。(スパードライ350ml500円也)

   30m離れたテント場に向かったがそこは既に沢山のテントが張られて

   おり、已む無く登山道の少し広いスペースのある所に幕営する。

pm5時30分 夕食   

   先ずは市橋さんの差し入れの良く冷えたビールで乾杯する。

   今日一日とても長い距離を歩いたので、ビールが最高に旨い!

   今日一日の苦労と頑張りを肴にあっと言う間にビールが無くなる。

夕食のメニューは高野豆腐の煮物と焼き豚と野菜炒めで、今日のエネルギー

消費を埋めるエネルギーの補給になった。勿論、美味!

pm7時30分 就寝

 5月4日(火) 晴れ

am4時00分起床

    昨日同様に雑炊での朝食を摂り、テントを撤収して5時00分出発。

am5時35分 宮原分岐部

    左に進路を取ると障子岩尾根になるが、今回は尾平に下りるため

    右の登山道を進む。


まだ午前7時40分:沢山の登山開始の方々とすれ違い私達の縦走登山は終了した。
  ☆2泊3日で26km縦走登山だった

am7時45分 尾平駐車場

    駐車料金を精算して、九折駐車場に向かう。

am8時15分 九折駐車場

    荷物の整理をし、湿気や露を含んだテントやフライシートを広げて

    乾かす。その間コーヒーを淹れて4人で反省や楽しかった事や苦労などを

話し合い、今回の縦走の締めくくりとした。

am9時30分 下関に向けて帰路に着く。

【総括】

 今回の個人登行はお天気に恵まれ、4人のチームワークも取れて楽しい山行と

 なった。 播磨さんにとっては来年の春山合宿(祖母山~傾山縦走)の幹事に

 あたっていますので、良い下見になったと思います。

                     記録係り:松原 信行