平成23年8月夏山合宿

 日 時  平成23年8月13日(土)~16日(火)

 山 名  蓮華岳~針の木岳~スバリ岳~鳴沢岳~赤沢岳~種池山荘~扇沢 (後立山末端コース)

参加者  宮元(担当・CL/装備)、森永(SL)、江頭、岡本、松本、藤井、市橋(会計)、木村ャ、播磨(会計) 

写真閲覧出来ます!

https://picasaweb.google.com/112647489234110326967/2011?authkey=Gv1sRgCIqr3qzpwoPrzQE クリックした見てください!

行動記録:

813日(土)晴れ

0500小月ホンダ出発、大坂周辺以外は渋滞もなく順調に移動、1800扇沢手前のキャンプ予定地「わっぱらんど」に到着。清浄な湧き水が流れる小川の周囲に子供の遊び場と水洗トイレが完備しているこのキャンプ場は、地元のボランティア団体が管理しており、テント設営費は無料であった。

 

814日(日)晴れ、午後一部ガス

0415起床、早朝にも拘わらず隣接の道路をひっきりなしに車が通過する。扇沢の駐車場確保が不安になる。0535キャンプ場を出発、数分で扇沢駐車場に到着するが、無料駐車場はすでに満杯、11000円の有料駐車場も残り僅かだったが何とか確保できた。早くも観光客が列を組んでいるアルペンルート関電トロリーバス乗り場の近くに針ノ木岳登山口がある。ここで改めて登山届を書かされる。

0615登山開始、大沢小屋まで順調に歩くが、期待した大雪渓は雪解けが進んでおり、折角持参したアイゼンも10数分の雪渓歩きで無用の長物となる。岩場に取り付いてからは険しい高巻の連続で体力を消耗する。沢を流れる豊富な水で渇きを癒しつつ1227針ノ木峠に到達する。峠に位置する針ノ木小屋に一人500円支払ってテントの設営場所を指定してもらう。テント場にはすでに多くのテントが張られていた。

テント設営を済ませて1350隣接する蓮華岳に向かう。途中コマクサの群生を見るが保護ロープも警告の看板も一切なくこの山域を訪れる登山者の質の高さを感じる。1512快適な稜線歩きを経て蓮華岳山頂に至る。1623テントに戻る。ここで思わぬハプニングに遭遇、テントを接する二人連れの登山者から「デザートをどうぞ」とスイカを頂く。一同感激して頂くとなんと冷えている。聞けば雪渓の氷で冷やしたとのこと。この二人は新潟のコメつくり農家だそうでコースも我々と同じだったことから翌日は随所で一緒になる。

明日の晴天を祈ってアルコールを控え早々に就寝する。

   
扇沢駅                           針の木岳登山口(駅の左側)
   
針の木大雪渓

815日 早朝快晴、10時頃からガス、夕方にわか雨

長丁場に備えて0330起床、0445出発する。天気は雲一つない快晴、針ノ木岳登頂中にご来光を拝む。0555針ノ木岳頂上、北アルプスの中心に位置するだけに、北アルプスの山々がすべてくっきりと見渡せる。剣岳、立山、鹿島槍は目の前に、南方遥かには槍ヶ岳と穂高連峰、360度の大展望に「早起きは三文の得」を何度も唱える。

スバリ岳には一旦大きく下って登り返す。0655スバリ岳山頂、ここも360度の大展望、目の下に黒部湖の瑠璃色の水面が望まれる。縦走路はスバリ岳を下り赤沢岳に向かう。頂上直下に「滑落事故多し」の危険個所表示、慎重に登って0915赤沢岳頂上、振り返ると昨日登った針ノ木峠への登山道が絶壁に刻まれたジグザク模様のように遠望できる。1030鳴沢岳頂上、ここまで来ると新越山荘は近い。1115新越山荘到着、やっと行程の半分をこなす。900円の値段に不満がでなかったおいしいラーメンを食べ、後半戦に備える。

岩小屋沢岳山頂1245、ここから先は下り一方だと言われて元気がでる。種池小屋を目指してほぼ水平な縦走路をひたすら歩く。もうそろそろと思った付近から予想外の登り道となる。まだかまだかと登りが続き、ついに一本立てることになる。後で判ったことだが休憩場所は種池山荘のキャンプ地まで歩いて数秒の位置だった

1430種池山荘、小休止して稜線から扇沢に向けて柏原新道6.2Kmを一気に下る。1730柏原新道登山口に到着、12時間45分の長丁場を終える。登山口には親切な新潟の二人連れが待機しており運転手役を駐車場まで送ってくれた。この好意に改めて感謝する。

一昨日と同じ「わっぱらんど」にテントを張る。設営後、大町温泉郷薬師の湯で汗を流す。宮元CLがフロントで出発前から目論んでいた地酒「大雪渓」の入手先を尋ねたところ休店中の酒屋がわざわざ届けてくれる。信州の人柄が偲ばれる。旨かったことは言うまでもない。

蓮華岳方面から針の木岳
  
赤沢岳への縦走路にて・・・・マメな装備担当氏はフライを干している・・・感心!     

赤沢岳山頂での参加者9名全員記念撮影!

816

高速道路料金の深夜割引を利用するため、0230起床して04時前に豊科ICを通過する。以後、若干の手違いもあったが、渋滞に巻き込まれることなく1650小月ホンダに無事たどり着く。全員無事、総費用一人15000円、夏山合宿無事終了。