平成24年10月月例登山
月日  平成24年10圧13日(土)〜14日(日)
山名  九重連山  大船山(1787m)(大分県竹田市)
参加者  先発 江頭(CL/装備・車)・井上(SL)・森永
       後発 市橋・篠田・木村ャ(記録)・植村(会計)・水廣(車)・京野(車)・雨田
行動記録
13日(土) 先発 K210時出発〜華ヶ岳(国東の山)〜沢水キャンプ場:8人用と5人用のテント設営
       後発K218時5分出発〜沢水キャンプ場着22時
       ビール・焼酎・つまみ・植村さんの手料理で楽しくにぎやかにミーティングをする。 23時就寝
 今月の月例登山は九重である。九重連山は大分県玖珠町から竹田市に広がる山群で、日本百名山にも選ばれている。九重連山の中で一番有名なのはやはり久住山だろう。しかし、通の人に言わせれば、久住山はどちらかといえばどうでもいいピークで、本当に良いのは大船山とのこと。今回目指すは、その大船山である。天候にも恵まれているし、いい山行になりそうだ。心躍らせながら九重へ車を走らせる。
 今日は沢水の駐車場で一泊する。どんなに遅く着こうとも、必ず一杯やるのが下関山岳会
14日(日)曇り 起床5時
      出発6:15 ススキの久住高原を今水登山口に向けて走る。登山口駐車場にはすでに満車の状態で6時40分路肩に駐車
      6時45分に出発。しばらく林道を行くと、左側にフネツリ草の草むらに大船山登山口と標識がある。
      此処からゆるやかな登りをガラン台分岐を経て、1時間位歩いたところで休憩。7時30分、10分休憩
      樹林の静かな登山道は心が癒される。
      8時10分風穴分岐東尾根に取りかかる。紅葉がちらほらと始まっている。登るにつれて色あいも深くなる
      雲海の彼方に祖母傾山の墨絵の島の様にハッキリと写真を見ている様な素晴らしい展望と岩峰と紅葉の木々が見事である。
   
10/14(日)5:00起床
 軽く朝食を済ませ、テント撤収。6:30車で今水駐車場へ向かう。「雲ひとつない晴天」といきたいところだが、どんよりとしている。まぁ、この位の方が暑くなくていいかもしれない。
7:00今水駐車場到着
 すでに20台近くの車がとまっていた。駐車場から林道に入り、歩くこと15分、左手に「黒岳登山口」という標識が現れる。ここが今水登山口である。

7:15今水登山口到着 急登がしばらく続く。体がしっかり覚醒していない状態ではこの登りはきつい。急登を登ること30分もガラン台の分岐点を直進し「風穴」に向かうと杉林が現れる。

8:50黒岳分岐点到着 杉林を進むと岳麓寺から風穴に向かう主コースと合流する。ここには「今水」の分岐の標識があり、「黒岳風穴」の方向に進む。

9:00東尾根分岐点到着
 急登を10分登ると東尾根分岐点に到着。ここからはひたすら登る、登る。延々と長い登り坂が続く。樹林帯を抜けると同時に日が照りはじめ、ガスが緩やかに流れて行き視界が広がった。一転してそこは秋であった。目の前に見える大船山の頂上は、紅葉で覆われまるで錦絵のようであり、雲海の向こうに見える青く霞んだ祖母山は墨絵のようであった。

 この二枚の美しい絵のような景色に力を得て、もう一分張り急登りを登る。あえぎながら大きな岩を左にまくと傾斜が緩やかになる。そこを進むと左手に御池を臨む。満々と水を蓄えた池の水面には四方の紅葉が映え、美しいとしか言いようがなかった。

御池の紅葉の景色は一段とすばらしい!(登山者全員の視線を浴びている紅葉の池)
登山開始時には曇りで特に頂上付近はガスが掛かり展望は諦めていたのだが頂上着では素晴らしく晴れて360度の展望であった。
九重連山の大パノラマ!!
    

10:40大船山山頂到着 山頂にはいろいろな方向から登って来た人で溢れていた。着いた時にはすっかり霧は晴れ、360度展望が開けていた。久住連山がはっきりと見えた。久住はこれで4度目であったが、すばらしい山であることを改めて知ったのである。北アルプスにばかり憧れて、今まで馬鹿にしていてごめんねと心から久住に詫びたのである。11:00山頂を後にする。

11:25段原到着。 ここも多くの人でにぎわっていた。段原から振り返った大船山は美しかった。

    大船山山頂着10時45分。記念撮影後11時出発〜段原に向けて下山〜段原分岐から風穴方面へと下る
    

11:30米窪西縁到着。 ここで昼食を摂る。町ではまだ秋を感じることはないが、ここでは風も雲もすっかり秋であった。12:00米窪を出発。ここからはただ、ただひたすら、下って、下った、下りました。私、いつも思うのですが、山は登るより下るほうがきついのではないでしょうか?登りで膝は痛くなりませんが、下りは膝が痛くなりますし。と、ぼやきながら下ること3時間、ようやく林道に出ました。

    山頂へ向かって右側が米窪〜左が段原の日当たりの良い展望の良い場所で少し早いが昼食。
    久々の九重登山はやっぱり良い山だった!
    11時30分出発、米窪稜線を過ぎると正面に黒岳の天狗岩・高塚山見える。此処から急下降。緩やかになると風穴に着く。
    風穴分岐13時30分着。13時40分出発。緩やかな樹林の登山道を今水登山口へ15時35分着。
15:30今水駐車場到着
 下山の途中で小雨が降り始めたのだが、駐車場についたときは結構な強さになっていた。それくらいのことは全く気にならないほど、充実した山行であった。自分の住んでいる近くにこんなにすばらしい山があったことに気づいて本当によかったと思う。しばらく久住に通うであろう。ただ、夏はやっぱり北か南か中央か、いずれかのアルプスを目指すではあろうが。
    炭酸水水場にて水を汲み16時に出発〜瀬の本〜牧ノ戸峠〜長者原〜九酔渓〜豊後中村〜玖珠の道の駅〜深耶馬渓
    苅田IC〜下関IC〜20時着K2解散。 みなさんおつかれさまでした。