平成24年1月登山教室
由布岳西峰 1583.3m 
正面登山道コース
平成24年1月22日(日)曇り時々雪(上部)~登山口付近は小雨
参加者
A班  百合野優 C.L 早川南図子 西村千津子 益田博史 記録 市橋千賀子 SAC
B班  日高由美子 会計 斉藤千晴 植村直美 柳井研二 神はるみ 水廣真紀子SAC
C班  山根一彦 会計 杉本美津恵 原秀考 村上泰士 細川功 SAC
                            運転 林
行動記録
 7:00 欠席者1名があったものの、定刻どうり由布岳に向けて山銀本店裏出発、小雨。
 8:02 豊前おこしかけ着 弁当等の買い物とトイレ休憩。
 9:05 別府由布道路に入り、由布岳北面が見えはじめる。崩壊した斜面の谷間に雪だまり があるものの、
      期待した雪はほとんどなさそう。雪雲がかかっている山頂付近の積雪に望みをつなぐ。
 9:25 正面登山口駐車場に到着。先着の登山客も多かったがバスはゆったり駐車するスペースがあった。
    
登山口P                         登山開始~前方の由布岳西峰をめざす
 9:47 登山開始。由布岳南側の山裾と左手の飯盛ヶ城の黄金色の枯野が美しい。本峰山頂付近は
      雲で覆われている。風もなくあまり寒さは感じない。
10:00 樹林帯に入る。
10:30 合野越展望所 (標高1025m)着。衣類調整を兼ね小休憩。
      
合野越(標高1025m)衣服調整一回目の休憩                   西峰への岩場                      
10:45 林の中に小鹿を発見。しばらく立ち止まって、後続の若者の一団に道を空ける。
11:50 マタエ到着。さすがに風の名所だけあり冷たい強風で体温を奪われる。食事は登頂の後マタエの少し下方でしようと話し合って、
      西峰に向かって出発。C.Lの百合野さんから三点支持を守って慎重に行動するよう全員に指示がある。
      途中に一部雪だまりがあったものの鎖場には雪も氷も無く一安心。
      しかし冬場は体が硬く思わぬ事故も起きかねないのでゆっくりと岩場を登っていく。
      火口内部の木には霧氷が着氷し美しい樹氷林となっている。しかし雲が厚く視界は十数mほど。残念!!
12:25 由布岳西峰に到着。
      1584mの山頂標識と三角点あり。広々した山頂は雪も無く意外にも氷がとけぬかるみとなっている。
      しかしお鉢めぐりのコースに足を踏み入れるとかなり雪がある。風もあまり強くないので西峰で食事をとることにした。
       
由布岳西峰山頂                           山頂より御鉢回りの登山道を覗くと残雪と霧氷

山頂にて全員
13:00 山頂をあとに下山開始。九州でも有数の険しい岩場でありさすがに緊張して下る。
13:15 全員無事にマタエまで下山。小雪が降り始める。
14:00 合野越展望所まで下ると少し雪が強くなる。雪は下るにつれ雨に変わったが幸いごく弱い雨が時々降る程度で済んだ。
14;50 正面登山口着
15:15 湯布院庄屋の館温泉着。コバルト色の湯で疲れを癒す。 
16:00 下関に向け出発。途中、道の駅「しんよしとみ」に寄りトイレ休憩兼買い物。
16:40 海峡メッセ通り到着。解散。
     期待した雪こそなかったものの、大きな天候の崩れも無く、すばらしい霧氷も見る事も出来ました。
     深田久弥は晩年、自著の「日本百名山」に由布岳を選定しなかった事を悔やんだといいます。
     今回もこの九州を代表する名山に登る機会を与えて頂き有難う御座いました。   記録 益田