平成25年正月合宿
山行期間 平成24年12月30日(日)〜平成25年1月3日(木)
山名 八ヶ岳(赤岳真教寺尾根) 山梨県北杜市大泉町西井出美し森(1551m) 登山口サンメドウズ清里スキー場
参加者 井上・藤田ュ(CL)・宮元(装備)・森永(記録)・木村正(SL)・原田俊(食糧)・市橋(食糧)・水廣(会計)
目的 正月合宿で雪山の基本・ラッセルとザイルワーク
行程予定 美し森登山口〜真教寺尾根6合目付近扇山周辺テントBC設営〜頂上往復〜下山
行動 交通手段=10人乗りトヨタレンタカー使用
12月30日(日) 日本列島全般雨
小月9時出発〜中国道〜山陽道〜名神〜京滋バイパス〜中央道〜長坂IC19時50分〜清里美し森駐車場20時20分
このころには雨が止んでいた。駐車場にテント設営〜就寝22時 空は晴れて月夜だった。
12月31日(月) 晴  (駐車場からも富士山が見える)
美し森出発8時45分〜羽衣池(1610m)9時30分
清里スキー場リフト最上の展望台〜羽衣の池〜賽ノ河原〜牛首山(2280m)真教寺尾根5合目14時15分
展望台からの富士山
登り・賽ノ河原
30日の平地の雨が山では雪になった様で
牛首山から先は積雪も深くワカンを装着
トレースが無く全員でラッセルとなりました。
強風で気温も−10度近くになり全員20kg前後のザックを背負い疲労困憊になりました。
扇山と6合目の中間にテント設営16時(テン場としていいかこれより先に少し偵察するが此処が最適と決定)
樹林の中だったが風が息継ぎしながらも強くテントに吹きつける。
テントに入ると靴も脱がずにまずはコンロに火を付ける。テントの中は瞬く間に温かくなり、雪で水を作りながら
スパッツを外し、靴を脱ぎ、食事の準備を始める。朝うどんを食べてから、まともに食べていないので夕食のすき焼きは
格別うまいのである。
テントと外張りの間に温度計をぶら下げて測ってみると−7℃だった。
19時30分頃から強風がテントを叩きつけ朝まで一睡も出来なかった人もいたようだった。
2013年1月1日(火) 曇り 昨夜の強風が雪を降らせて昨日付けたトレースは消えていた。
体調不良や睡眠不足もあり、強風とラッセルでの登頂は無理かも知れないとのリーダーの判断で行ける所まで行く事にし
BCテントを8時30分出発
樹林の尾根は風が強く顔がむき出しではつらいのだが、8合目辺りの尾根は不思議と日当たりも良く風も無く
気分は爽快でラッセルも楽しいのである。
山頂方面や権現山方面尾根は相変わらずガスで風も強そうな気配ではある。
シラビソの木々が美しい真教寺尾根をラッセルする事2時間30分
赤岳頂上直下150mの岩稜手前に到着。雪煙舞う赤岳山頂を目前での撤退となりました。
12時30分にベーステント帰着。
テント場は相変わらずテントが飛んで行きそうな強風。しかし荒天も正月の山らしい。
今夜も又眠れないと皆で苦笑い。
1月2日(水) 曇り時々晴れ
4時30分起床。テント撤収後記念撮影。
7時15分出発。
8時15分牛首山着。ここでお湯を飲み休憩。グリーンのテントは先ほど出会った4名の物らしい。
登攀道具は置いて行ってるのでやはり彼らも偵察の様だ。
(真教寺尾根の静かな雪景色の中に存在していられる事に満足する。)
9時40分 賽ノ河原
END
清里スキー場上部の展望台ロッジで大休止。誰もいない無料休憩所。トイレが温かく文化的な生活感を取り戻す。
10時45分羽衣の池東屋で休憩。
11時45分美し森駐車場着。。12時20分出発〜大泉町の泉温泉健康センターで入浴
諏訪大社(上宮)へ初詣。
諏訪IC(16時)〜中央道〜名神道〜山陽道〜小月IC1月3日(木)3時着。解散
            ※赤岳登頂は出来ませんでしたが雪山を堪能し、ラッセルを楽しんだと言う気持ちで皆さん充分だったようでした。
              各役務のみなさんありがとうございました。