3月月例登山

山名: 広島県 砥石郷山?深入山
期日:平成25年3月9日(土)〜10日(日)

参加メンバー: 宮元 勝(CL)、井上 佑,森永 義忠,市橋 千賀子(食料),        京野 好恵,江頭 徳治,松原 信行(会計)、岡本 博之(SL

3月9日:小月ホーム?小月IC〜中国自動車道〜戸河内IC〜深入山〜恐羅漢スキー場

3月10日:恐羅漢スキー場?砥石郷山?恐羅漢スキー場?戸河内IC?中国自動車道?
     小月IC?
小月ホーム:解散

【 3月9日 】 晴れ  午前8時30分に小月ホームを出発する。
中国自動車道を上る。
途中、鹿野SA
トイレ休憩をして、午前10時50分に戸河内ICを出る。
国道191号線を経由して午前11時20分に「いこいの村 ひろしま」に到着。
駐車場にて登山準備をして11時30分に「いこいの村ルート」よりの登山開始し、
深入山々頂を目指す。登山道は階段状だ。
傾斜が緩いのと1段1段の高さが低いので左程きつくはない。
途中で追い越したが3才と5才の女の子も元気に上っていた。
登山道には殆ど雪が無く、谷筋に僅かに雪が残っている。
ここ1週間、暖かい日が続いたので一気に雪解けが進んだものと思われる。
寒さを覚悟していたのだが、登るに連れて汗が出て来て、
低体温症どころか逆に熱中症になりそうだった。
登山道には立木が無いので、夏にここを登るのは辛らそうだ。
午後12時15分に深入山頂上(標高1,152m)に至る。頂上に雪は無い。
頂上は360度開けて、山口県の山ではなかなかお目にかかれない展望だ。
北に臥龍山、西に明日登る予定の恐羅漢山と砥石郷山が春霞の中に展望できる。

深入山頂より恐羅漢山を望む(スキ―場がはっきり解る)

深入山頂より臥竜山を望む

深入山(暑い程の晴天)
「360度の素晴らしい展望ですね。
この景色を見ると人生観も360度変わりそうですね。」と
宮元さんにボケを振ってみたが、
生真面目な宮元さんは頷くだけで突っ込んで呉れなかった。
ここで昼食を摂り、12時45分に下山開始する。
なだらかな山なので、下りも楽で膝の負担も少ない。
13時40分に「いこいの村 ひろしま」に到着する。
時間に余裕があるので、「三段峡の見物」をとの提案があったが、
雪が残ってまだ足場が悪そうとの意見があり、
国道191線を一路恐羅漢山スキー場へと向かう。
恐羅漢山スキー場入口から恐羅漢山スキー場までの道には雪は無かった。
本日の幕営地である広島山稜会の「ひえばた小屋」に14時20分に到着する。
小屋では広島山稜会の後藤さんが出迎えて呉れる。
後藤さんは岡本さんの大学時代のスキー部の同期でスキーの達人とのことであった。
小屋は少し古いが良く手入れされており、
屋内にトイレや台所があり電気も引かれて快適そのものだ。

広島山稜会ひえばた小屋(冬泊料金800円です)
炊飯道具から羽布団まで装備有ります!
「ひえばた」の名前の由来は恐羅漢山の尾根の名前から付けたそうである。
屋外には五右衛門風呂も造られており広島山稜会のこの小屋に対する愛着が窺える。
この風呂は勿論薪で沸かすのだが、水は谷筋よりホースで引いている。
 
五右衛門風呂                    スキー場
「時に女性も入られますよ」と後藤さんが話されていた。
その時は風呂の周りに葦簀(よしず)を張るそうだ。
夕食まで時間があるので、皆さんは荷物の整理や周辺の散策等をして時間をつぶす。
江頭さんはスキーを持参されていたのでスキーを楽しまれた。
恐羅漢のゲレンデもここの所の気温の上昇で積雪量がかなり減っており、
スキー場の営業も明日までのようだった。
16時30分より夕食となる。
準備は市橋さんと京野さんにして頂いた。
女性陣には会の山行の度に食事を作って頂き、男性陣としては頭が下がるばかりだ。
今夜のメインディッシュは鴨鍋だ。
今日の頑張りと明日の奮闘を祈ってビールで乾杯をする。
鴨肉に脂がのってお酒がすすむ。
後藤さんが焼いた岩魚を持参されて来ており、熱々の日本酒にこれを漬ける。
岩魚の骨酒だ。何周も回し飲みして骨酒を堪能する。
宴も佳境に入り、恒例の「山の歌合唱大会」が始まる。
皆さん明日の山行は大丈夫かと思うくらいに飲まれました。
酔いつぶれた者から順に寝床に入り、消灯時間は不明であった。
 (記憶では22時30分頃就寝だった)   
【 3月10日 】 曇りのち雨
午前6時起床。
市橋さんと京野さんが朝食を手際よく作ってくれた。
ご飯と味噌汁、納豆、ゆで卵、沢庵。ご飯はガス釜で炊く為か早くできる。
準備をして午前7時50分出発する。
江頭さんと後藤さんはゲレンデでスキーを楽しむとの事でひとまず小屋で別れる。
ゲレンデを左手に見て、舗装道路を上がって行く。
センターハウス付近が夏焼ルートの登山口である。進むに連れて段々と残雪が深くなる。
緩い登りを歩いて行くと午前8時36分に「夏焼のキビレ」に到着する
    
キビレとは峠〜ここまでは緩やかな雪道を65分位
小休止を取り砥石郷山を目指す。
キビレを過ぎた頃より雨が降り始め、レインウエアーを着る。
残雪が少しずつ深くなり時折、足が埋まる箇所がある。
ワカンを履く程ではないのだが、吹きだまりに足を乗せないように気を遣う。
午前9時10分に砥石郷の肩を通過。登山道にはマークは少ないが、
トレースは付いている。小さなアップダウンを行くと少し平坦な場所に出て、
小さな池がある所でトレースが消えてしまう。
ルートファインディングをしていると小さな標識を見つける。
標識には砥石郷山(1,177m)と書いてあった。
周りは立木で被われ、天気も悪いため眺望は全く利かない。
ここが砥石郷山頂上なのである。何だか拍子抜けする頂上だ。
砥石郷の肩の方が標高は低いが頂上らしい形をしている。

午前9時39分記念撮影をしてそそくさと帰路に就く。

復路で砥石郷の肩で小休止を取り、「夏焼のキビレ」に到着する。
予定ではここから
右に折れて恐羅漢山を目指すのであるが、
雨が降り展望も期待できないので、

「恐羅漢山登頂はまたの機会にしよう」との意見が多数を占めた。
また来た道を戻り、午前11時10分に「ひえばた小屋」に帰着する。
江頭さんと後藤さんは雨のためスキーを早々に切り上げて、
小屋で我々の帰りを
待っていた。
小屋で荷物の整理をし、後藤さんが入れて呉れた美味しいコーヒーで
体を温める。
ホットする一時だ。
後藤さんにお世話になったお礼を言上して、
午前11時55分に「ひえばた小屋」を出発する。
191線を下関に向かって
帰路に着く。
美東SAで名物のチャンポンに舌鼓を打ち、午後15時に
小月ホームに到着し
簡単な解散式を行う。

 今回の月例はお天気に恵まれず恐羅漢山には登れませんでしたが、
 深入山の素晴らしい眺望と「ひえばた小屋」の楽しい酒宴が堪能出来ましたので、
 所期の目的は達成出来たと思います。参加された皆様、お疲れ様でした。