平成26年5月春山合宿

山域:八ヶ岳 (赤岳・真教寺尾根経由)山梨県北杜市清里美し森

    日程:平成26年5月3日(土)~5月6日(火)

参加者 : 宮元(装備)・ 市橋〈担当・会計・記録))・ 原田俊(CL)・ 植村(食糧)

5月2日(金曜日)
 下関K2 =21時出発~下関IC~~長坂IC~

5月3日(土曜日)
  美し森駐車場~羽衣の池~賽の河原~牛首山周辺にて幕営  

5月4日(日曜日)
  牛首山周辺~赤岳山頂~牛首山(テント撤収)~賽の河原~羽衣の池~美し森たかね荘キャンプ場泊

5月5日(月曜日)                          
  美し森たかね荘キャンプ場230分~15時下関K2着予定

個人装備:
宿泊用装備=シュラフ 食器 箸・ナイフ・ライター・ランプ(予備電池付)
キッチンペーパー2枚 
登山用装備=登山出来る服装 帽子 手袋 スパッツ 靴下 サングラス
登山用具=雨具 ピッケル アイゼン セーター〈フリース等〉行動食 飲み物
登山計画書 地図 磁石 携帯フォン 保険書写 筆記用具 シュリンゲ各自3

共同装備:
テント5人用一式(本体・冬用外張り・ポール・ペグ)ツエルト1 
テントマット2・コッフェル中1
コンロ台大1・小2枚・
ホエーブス1(ガソリン満タン)・ガソリン
1ℓ・EPバーナー1・
EPG
Sスコップ2 テント内の照明は各自のヘッドランプを併用する。

53日(土)晴天 途中名神高速にて交通事故による渋滞があり予定より1時間位遅れたが           無事1010分美し森たかね荘前の無料駐車場到着。
装備を分配し1045分に登山開始、少し平坦な道が続き、
丸太の階段を20分位登ると羽衣池へ到着。
東屋がある休憩ポイントになっている。羽衣池と言っても湿地帯の様なもので木道で囲ってあり、
一周できるようになっている。
丈の低いクマザサとカラマツ林のゆるやかな登りの登山道を50分位登るとリフト終点が見える。
その上が展望台で、トイレと売店があり、此処で美味しいアイスコーヒーを戴く。
展望台から美しい富士山の眺めを堪能し、
5分で賽ノ河原へ
ここからはやや急登や平坦道ありと変化があるので眠気は来ないが重い荷物が肩に食い込む。
牛首山の残雪は本当にあるのだろうかと水の心配をする位に夏道状態が続く。

ファミリー登山や何人かのハイカーに出会うと、雪が残っているので、
牛首山は諦めたと言って下山してくる。
残雪がありそうなのでホッとする。
登山者もいなくなり、我々4人のみの世界となり、15時に牛首山山頂へ到着。
山頂は岩はむき出しでしたが、ベンチの高さ位には残雪があり、
雪を踏み固めることなく
テント設営が出来た。     
1530分には夕食の準備に取り掛かり、睡眠不足を取り戻す為に20時に就寝する。
15:10 牛首山山頂ーテント場設営:雪が堅いので
54日(日)晴天
430分起床
ヘッドランプが要らない位すでに外は明るくなり出し、(下関より
50分位早く感じる) 
 
540分に登山開始、トレースは凍った古いものがあり樹林の中も迷うことなく
赤いテープを確認しながら
歩く事が出来た。
森林限界を過ぎる頃最初のクサリ場がある。
此処は残雪でクサリは出ていなかったがアイゼンが良く効いてて登りやすい。
一部解けた尾根〈鎖あり〉を過ぎると、完全に溶けたクサリ場はアイゼンを外して登る。
山頂の赤岳山荘が見える尾根に到着。此処からアイゼンを付けて雪と岩の斜面を登る事になる。

5:41出発(牛首山山頂)

6:05 

6:08

6:39

6:52

6:59

7:23

8:41 森林限界付近

9:10

9:27 真教寺尾根から牛首山~扇山

9:45 真教寺尾根クサリ付き尾根
二つの長いクサリ場に着いたところで1人がここで待機し3人で登る事になる。
最初のクサリ付き岩場は登ってみると見た目より簡単だった。
次はハイマツの向こうにクサリ場があるがそれは使わずトレースのある雪渓を登ることにした。
ここはアイゼン装着。
腐れ雪なのでアイゼンの効き目が微妙なので慎重に登る。
下りではここは後ろ向きで降りた。
雪渓から外れると標識があり、頂上まで
15分と書いてある。
尾根に上ると文三郎尾根から登山者が沢山登って来る姿を確認できた。
北西風が稜線を越えてきてここで初めて防寒用雨具を着る。
文三郎尾根の分岐までがすごくシビア。
下り気味のトラバースでクサリは一部出ていたが岩をつかんで凍った雪をアイゼンを効かせて、
慎重に渡り、文三郎尾根分岐へ。ここからは
3分位で赤岳山頂~1050分着。

11:12 山頂より赤岳山荘
10人位の登頂者が360度の展望を楽しんで写真を取っていた。
3人で登頂を喜び握手でお互いをたたえ合い、3人の登頂写真を女性にお願いし二枚撮って戴いたところ、
後で確認すると残念なことに写っていなかった。(
美人だったがカメラは下手な様だ)
頂上にて
15分展望を楽しんで、1人待つ尾根に下山する。

11:19 此処が本日一番のシビアな所(アイスバーンでアイゼンはよく聞いていたのが救い)

11:24 文三郎尾根分岐を下る人と山頂・赤岳山荘を振り返る

11:24 この尾根を過ぎると標識がある所~雪渓を後ろ向きに下り、クサリ場の岩場を下ると4人の合流点
12時に到着4人が合流、此処でアイゼンをはずして牛首山まで下る。
途中、夏山しか登った事の無い男女に会うが彼らが雪渓で次々と200m位滑落し、
原田さんが二人を助けに行き、
私たち3人も声のする方へと向かうと3人が怪我も無く登って来た。
登山道へ誘導してテルモスのお湯を飲まして、落ち着かせて全員一緒に下る事になり、

すこし時間がかかったが二人とも怪我も無く本当に良かったと思った。

牛首山
1440分着。ここで二人と別れる。

テントを撤収して、準備の出来た者から1515分から順に下山開始。
ここで皆水分を飲みほしていた。
展望台でアイスコーヒーを飲もうと楽しみに立ち寄るが
17時ですでに閉まっていた。
残念ながら、美し森たかね荘テント場まで水分にはありつけなかった。
登るときには展望台まで余り遠く思わなかったが、喉は渇き疲れているので羽衣池まで遠く感じる
今日の行動は12時間だった。久しぶりに良く歩いたなぁ!と実感する。
美し森たかね荘テント場の水を飲んだ時、ビールより美味しいと思った。
キャンプ場にはビールを売ってなくて、残念ながら初めてビール無しの夕食だった。

55日(月)曇り所々雨~下関は晴
2
30分起床。3時出発して、渋滞にも会わず順調に快適に走行し、15時下関着