個人登行 平成27年9月仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳(紅葉の南アルプス)

・仙丈ヶ岳3033m(9/19)・甲斐駒ヶ岳(9/20)平成27年9/18(金)〜9/21(月)
・参加者:植村(CL)・宮森(装備)・京野(食料)・羽田野(記録)計4名
  交通手段:レンタカー プリウス 往復1730km 4人で約2時間のリレー
  費用:約24,000/人(個人食除く)

行程概要
9/18金〜19
  (車移動:下関IC1800山陽道〜名神〜中央自動車道〜伊那IC〜仙流荘駐車場415約10時間
  バス出発まで車中仮眠1時間 北沢峠行臨時バス5:30〜北沢峠620(約50分)
  長衛小屋テント場にて幕営し出発
   720仙丈ヶ岳へ出発 1200山頂 1550北沢峠下山(約8時間30分 標高差1000m)
9/20日 400起床 435甲斐駒ヶ岳へ 1020山頂 1330下山
  (約9時間 標高差約940m)
   順次発仙流荘行バスにて(約50分) 高遠さくらの湯〜小黒川渓谷キャンプ場泊
9/21月 400起床
   
430下関へ 吹田〜西宮 渋滞3時間 1820下関着(約14時間)解散

9/18(金)車移動
山の田サンスクエア跡P集合(520)〜上記仙流荘駐車場415着 約10時間のドライブ。
辺りは真っ暗だが、星が綺麗で金星が大きく見える。今日は良い天気が望めそうだ。
この時間でも川沿いの臨時駐車場へ案内される。
バスの順番取りの為、ひとまずザックを並べて車で一時間仮眠。
605始発の予定だったが、シルバーウィークの繰り上げ臨時バスの案内の声がかすかに聞こえるが、焦らず睡眠を優先した。

        5:25 6:25

9/19(土)仙丈ヶ岳
530)北沢峠行のバスに乗る。補助席まで満車で皆重いザックを膝に抱えている。
道中の50分間ドライバーが丁寧に南アルプスの案内をしてくれる。
視界が開けるところで一時停車。朝陽に赤く染まる中央アルプスが遠くに見える。胸が高鳴る!
カーブを曲がると、鋸岳が間近に見える。どんどん迫ってくる。道沿いにはサルの群れがいる。
ワクワクしている間に北沢峠に到着。長衛小屋キャンプ場まで徒歩10分。
既にカラフルなテントが川沿いに沢山並んでいる。テントを設営し軽く朝食を済ませ、いざ仙丈ヶ岳へ

       7:27                                    

720)登山口(約2030m) 長衛小屋キャンプ場と北沢峠の間で「二合目近道」の目印あり。
小さな木橋を渡る。既に太陽がのぼり、まぶしいくらいに今日は良い天気!
いきなり急勾配の為、ジグザグに切られた登山道を進む。
シラビソの美しい樹林帯を進んでいくと、
すぐに北岳展望の案内がある。
下関付近では見かけないダケカンバのピンクの木肌が新鮮で「遠くに来たなぁ」と実感しながら進む。

800)二合目 稜線に出た。ここからはゆるやかに登っていく。わずかだが紅葉が始まっている。
915)五合目 大滝頭「オオタキノカシラ」にて休憩。   9:16

帰りは馬の背ヒュッテを通りここに戻ってくる。
暑くもなく、寒くもなく、とても爽やかな空気だ。汗もあまりかいていない。

945)木々が低くなり展望が開けてきた。
振り返ると「甲斐駒ヶ岳」が紅葉の先に現れる!
赤と白と青空のコントラストに疲れがふっとんだ。北岳も間ノ岳も大きく見えてきた。

      9:49     9:50 
                                                  6合目   

950)六合目 小さな広場があり木々も背丈が低くなってくる。
花はほとんど見かけないが紅葉はさらに進んでいるようだ。足元には真っ赤に色付いたウラシマツツジ。
間近に見える小仙丈ヶ岳は登山道に沿って赤と黄色に彩られていて本当にきれいだ。
と!ここで宮森さんがノックダウン。2000mを超えると具合が悪くなるようで。
ゆっくりと甲斐駒ヶ岳を見ながら下山することに。睡眠不足がたたっていると思う反面、自分も心配になる。
ここからは3人で山頂を目指すことになった。小仙丈ヶ岳の紅葉斜面越しの北岳がとても絵になっている。
時折周辺の山々がガスで覆われるようになってきた。

    10:33    10:49

1050)小仙丈ヶ岳2855mにて休憩。360度の大展望だ。先にはついに山頂が見える。
と思ったらこれは裏側で「小仙丈ヶ岳カール」と呼ぶ。あれが山頂と思うと大間違いであることが後ほど判明する。
白いゴロ岩の休憩場だがとても気持ち良い。遠く南には塩見岳が望める。

小仙丈尾根を進む。「天空の散歩道」!分岐左の直登コースをすすむ。

ついに山頂!と思ったら、さらに奥に「仙丈ヶ岳」が「まだだよ」と現れた。
本当の山頂に取り巻く薮沢カールが眼下に白く大きく広がり、脇には仙丈小屋も見える。
かなりガスが回ってきたようだ。白い急斜面に紫の花がひとつ咲いているが、危ないので近づけない。
こんなに高いところでと、どうしても見てみたい気持ちを抑えつつ、あと少しの山頂を目指す。
11:52薮沢カールが眼下に白く大きく広がる


1200)仙丈ヶ岳山頂3033m 食事をとりゆっくり休憩。
ガスが上がってきていたが、かろうじて薮沢カールだけが望める。
記録者にとって初めての3000mオーバーでかなり嬉しいところだが、睡眠不足がたたり、うたた寝。


12:09    仙丈ヶ岳山頂着          12:53仙丈小屋着           13:03

隣でひとりのんびりと若者が寝転んでいる。再登場予定の石川県出身のM田君だ。
彼はガスが晴れるのをしばらく待ってみるとの事。こんな時ひとりはいい。下山開始
1250)仙丈小屋にてトイレ休憩。100円必要。ここで記念のバンダナを購入。
カールの底には紅葉したコイワカガミや綿になったチングルマがいたるところに隠れている。
次は花咲く夏に来たくなった。岩の隙間に白い小さなイワウメがひっそりと咲いている。

下山からは、ぐっと足が進まない・・・やはり睡眠1時間が堪えるようだ。
紅葉を眺めながらの美しい下山だったがあまり覚えていない・・・
馬の背ヒュッテ周辺はシカ対策で登山道沿いにはネットが高く張られている。

1345)沢の分岐点にて小休憩 薮沢重幸新道と薮沢小屋方面の合流地点 沢を右に渡り大滝頭を目指す。
薮沢小屋は寂れていて、とても立ち寄ろうとは思えないくらいだが、玄関口に靴とストックを発見。
小屋泊りにあぶれた、困った人の駆け込み寺のようになっているようだった。
途中、沢沿いに咲く青いトリカブトにいたく感動している京野氏。
疲労困パイで話についていけない・・(ごめんなさい)なぜそんなに元気なんだ どうして植村さんはもっと元気なんだ?

1420)大滝頭 休憩。 植村さんは先に下山した宮森さんが気になるので先に進む。
1550)北沢峠到着 約8時間30
雨も降らず、とても良い山行だった。キャンプ場はテントが増えていて、防寒着の姿が目に付く。
じっとしていると肌寒く、ダウンを着て丁度良い。水は無料でどんどん湧き出している。
まさに「南アルプス天然水」
今夜はキャベツとベーコンなどの炒めもの、明日に備えご飯を炊いておにぎりにする。
宴会の途中、山行中に何度も見かけたM田氏が登場し、山の話で花が咲く。
800)明日に備え、早々に消灯。

9/20(日)甲斐駒ヶ岳
400)起床 外は寒い。朝食でもたつくと良いところでガスが回るので、山行途中でとる事にし
素早く準備を済ませ出発!辺りは真っ暗だがヘッドランプの行列が目の前を通り過ぎる。
まだ肌寒いがダウンを脱いで、いざ甲斐駒へ
440)長衛小屋キャンプ場発
暗闇の中、足元に注意しながら沢をいくつか横切り、約40分で仙水小屋に着くもトイレは使えず
ロープで中にも近づけず素通りする。わずかだがテントを張っている。朝食はおあずけ・・
530)シラビソの原生林がふいに抜け、急なガレ場と紅葉のコントラストが現れる。
まるで丁寧に造られた日本庭園のようだ。
あたりは少しずつ明るくなってきてアサヨ峰が右に、正面に摩利支天が現れる。

       
5:58                            6:13

600)仙水峠にて休憩。風が吹き上げてくる為、かなり寒い。一人テントを張っていた。
東方面は霧が広がり、左には甲斐駒ヶ岳がそびえている。
左へ進むとすぐに直登だ。
急勾配をジグザグに進む。樹林が風を遮ってくれる。
が、朝食抜きのため、だんだん力が入らなくなってきた。
ずっと急登が続く。つづく、つづく・・・振り返ると朝陽に輝く鳳凰三山が美しい。ガスが低く立ち込めている。
高度を上げていくと、間ノ岳が見え、少しずつアサヨ峰横から北岳も現れてきた。
急登だが振り返るのが楽しい。どんどん景色が変わっていく。
ついに鳳凰三山の左奥に、あの凛としたフォルムが現れた。まだ冠雪していないがどう見ても富士山だ。
しばらく皆でうっとりと眺める。

6:29朝陽に輝く鳳凰三山が美しい。ガスが低く立ち込めている

750)駒津峰2752mにて休憩。つきぬける大展望。北アルプス、中央アルプス、八ヶ岳。
間近にそびえる甲斐駒ヶ岳。隣の鋸岳もガスで見え隠れしている。
こんな素晴らしい展望の中
ようやく待ちに待った朝食だ。
ここでの味噌汁とおにぎりが格別に旨かった事は決して忘れない。

  
8:19                         8:24                     8:30

830)駒津峰からすぐに岩のヤセ尾根が始まり慎重に進む。山頂はガスが回り始めた。
と!ここで宮森さんノックダウン。六方石を前に植村さんとゆっくりと引き返す事に。
ここからは京野、羽田野で山頂を目指す事になる。
六方石分岐で直登を選択。目の前には白い巨岩が迫り、慎重によじ登っていく。
多くの登山客で少しずつ渋滞が始まる。
花崗岩の白い世界が一面に広がり、まるで宇宙の星に来たようだ。
青い空と白い峰の中、圧倒的な景観にしばらく感動で言葉が出ない。

    
  9:35                         9:36 

940)甲斐駒ヶ岳山頂2967   9:47
昨日の仙丈ヶ岳とは全く違う景色。天空のパノラマ。
眼下に雲海がゆったりと渦巻くも
摩利支天の稜線が立ち上がるガスを押しとどめている。

950)下山開始 雲を見下ろしながら白砂を進む。
近くに駒ヶ岳神社なる小さな石の祠がある。ここからあの黒戸尾根が続く。摩利支天は回避し駒津峰を目指す。
1120)駒津峰 休憩 西ルートで、双子児山経由での下山を選択。
ハイマツの狭い登山道を抜けるとガレ道が現れる。

            10:13

1155)双児山2649
シラビソの樹林がはじまるが、仙丈ヶ岳ほどの紅葉はない。
樹林帯をジグザグに切られた道を下っていく。苔むした倒木に太陽が差し込み、ゆっくりと流れる時間を楽しむ。

 13:15

1330)「北沢峠こもれび山荘」到着。ビール代わりのコーラが体にしみる。
記念品「南アルプス連峰のれん」を購入。帰ってから眺めるのが楽しそうだ。
下山者とこれからチェックの登山客とでかなり賑わっている。(約9時間の山行)

1430)テントで先に待っていた宮森さん植村さんと合流。
早々に撤収し、後から来た団体に場所を譲り仙流荘駐車場行きのバスを待つ。
随時出発の為、10分程度の待ち時間で出発。
1525)仙流荘駐車場着。道中バスからの眺めは、来たときとは随分と違うおもむきである。
温泉「高遠さくらの湯」まで約15分。かすかなにごり湯で疲れを癒し近くのスーパーで今夜の鍋の食材を調達。
伊那ICに近い「小黒川渓谷キャンプ場」にて幕営。
ファミリー向けで多くのキャンパーで賑わっていた。

9/21(月)帰りの車移動
400)起床 真っ暗な中、登山客もいない為、静かにヘッドランプを頼りに撤収。
430)キャンプ場発
駒ヶ岳SAで少しずつ明るくなってきた。近くに中央アルプス、遠くに南アルプスの稜線が朝陽で赤く浮かび上がる。
なんとも贅沢なサービスエリアだ。
740)多賀SAで朝食。

吹田JCTから西宮まで大渋滞3時間。
1550)宮島SA?(1810)下関IC?(1830)解散 約14時間のロングドライブとなった。

【感想】記録者としては初めての南アルプスだったが、天候にも恵まれて最高の山行となりました。
雄大な仙丈ヶ岳、格好いい甲斐駒ヶ岳。
そこから望めた鋸岳、鳳凰三山、北岳、間ノ岳、塩見岳、富士山、八が岳、北アルプス、中央アルプス。
紅葉はまだだと思っていたけれど、赤や黄色の登山道で、最高の時期でした。
こんなに素晴らしい景観は、確かにやみつきになり、登山がもっと好きになる山行となりました。
午後からはガスがあがり展望が無くなる為、朝4時頃までの早めの出発が肝心な事もわかりました。
反省として
@    初日のドライブは後部座席ではしっかりと寝る事。
A    朝食は早起きしてでもしっかり摂る事。
B 長時間の山行は出来る限り必要最小限の荷物にする事。
Cボッカトレーニングをする事。
当たり前のようだが、寝る、食う、練習がとても重要だと実感した山行でもありました。
そして何よりも、植村さん、宮森さん、京野さん、本当にありがとうございました。
又、一緒に行きましょう!