夏山合宿A隊 平成29年8月 北アルプス・白馬岳・唐松岳縦走

 ・長野県「北アルプス」 ・平成29年8月11日~平成29年8月14日(4日間)
・参加者「A隊」5名 羽田野(担当CL・装備)・市橋(SL・食料)・藤森(会計)
                田村(車)・木村ヤヨヰ(会計)

「B隊」1名 宮元(遠見尾根-五竜岳-唐松岳-八方尾根 テント泊)別途記録

「C隊」1名 播磨(栂池-白馬山荘-不帰の嶮-唐松-八方尾根 小屋泊)別途記録 7

 ・交通手段:車 下関IC~安曇野IC~栂池高原P   車往復1830km 

 

8/10(木)晴れ (1830K2~下関IC~山陽道~名神~中央道~安曇野IC~栂池高原P

 

8/11(金)曇り~ほぼガス 【栂池~白馬大池山荘テント泊】【行程400

830)栂池高原駐車場着【車移動1400】 ゴンドラ・ロープウェイにて移動等130分 

 (1000)栂池登山道1850m 出発  (途中栂池ヒュッテ トイレ・水有)

1140)天狗原2204m 広大な湿原で休憩 ワタスゲ・チングルマ・アヤメ

1330)乗鞍岳2437m 雪渓を50m程登る。岩場にオコジョ 

1340)ケルン2456m 広大なガレ場にライチョウ親子

1400)白馬大池山荘着 雪渓と高山植物が満開 大池にはサンショウウオ テント泊

 
駐車場からゴンドラリフト乗り場へ     栂池公園を見下ろして
 
雪渓を登り岩場の雷鳥に迎えられて乗鞍岳へ
 
乗鞍岳山頂へて             白馬大池キャンプ場へ
 

8/12(土)曇-雷雨-最後晴れ【白馬大池~三国境~白馬三山~天狗山荘】【行程1200

300)起床(500)白馬大池出発 夜は雨だったがテントは乾いていた。雷鳥坂にコマクサ

720)小蓮華山2766m(ガス)大雨と雷に見舞われるが、雷はまだ遠い為先へ進む。

815)三国境(930)白馬岳山頂2932m 雨で景観なし。寒くて急ぎ山荘へ

950)白馬山荘 天候が落ち着くまで、ストーブで暖を取る。播磨さんと出会う。

2時間の停滞(1200)出発 

1350)杓子岳山頂2812m ガレ場の急登。山頂標識3m先は切れ落ちて危険。

1520)白馬鑓ヶ岳2903m ようやくの青空。振り返ると雪渓とハイマツの山容が美しい。

今までで足元しか見えなかったが、こんな綺麗なところを歩いていたのか、と感動は大きい。

 (1700)雪渓を横切り「天狗山荘」着。小屋は修理の為宿泊は出来ないがトイレ利用可。

  雪渓の雪解け水が冷たく旨い。テントは20張り程度。星空の夜だった。

 
白馬大池テン場                     白馬大池と乗鞍岳への登山道を望む
 
雨の中を白馬岳へ
 
天狗平への尾根                天狗山荘前には雪渓が残っている
  8/13(日)晴れ 【天狗山荘~不帰の嶮~唐松岳~八方尾根~白馬八方駅】【行程830

300)起床(430)天狗山荘発(500)天狗の頭 ご来光 剣岳から穂高までの大展望!

540)天狗の大下り取りつき~(720)不帰一峰~(830)不帰2峰北峰~

850不帰2峰南峰~(950)唐松岳山頂2696m~(1050)唐松岳頂上山荘 コマクサ多

1140)丸山ケルン~(1300)八方池~(1420)八方池山荘ゴンドラにて移動

1500)白馬八方駅着 全員合流。タクシー2台で栂池Pへ移動。駐車場横の「栂池の湯」

1720)白馬47オートキャンプ場にて参加者全員で食事、テント泊。

 
天狗の頭からの雲海と日の出
 
雲海と遠く剣岳       不帰剣
 
唐松岳                  唐松岳下りから唐松山荘とテン場
 
八方尾根より不帰剣3峰
 
八方大池              リフト乗り場
 8/14(月)晴れ 200起床 ETC3割引の為4時までに安曇野IC 1730帰関。
 感想
 初日はほぼ曇りで、遠望は叶いませんでした。
 二日目前半は大雨で雷にも遭遇し、少し危険を感じましたが問題はありませんでした。
 ずっとガスで遠望がきかず、いつの間にか白馬山頂に辿り着いていた感があります。
 昼からは雨も上がり、ようやく現われた白とグリーンの景観は、喜びもひとしおでした。
 テント場は朝が冷え込むので、フリース等防寒が必要です。
 三日目は、ご来光を拝む事ができました。
 「天狗の頭」からは雲海に浮かぶ朝陽を浴びた剱・立山・薬師、遠くに槍・穂高と、
  これから進む不帰の嶮から唐松岳・鹿島槍など、北アルプスの全容を眺める景観は圧巻で、
  昨日の雨の事もすっかり忘れさせてくれました。
  不帰の嶮ではすっかり天気も良くなり、今行程の核心部を安全に進む事が出来ました。
  人は少ない為、混雑はありませんでした。
  クサリも多く慎重に進めば夏の間は、特に難しくはありません。
  山域には多く雪渓が残り、太陽の熱で東斜面からガスを発生させるようです。
  又、数多くの高山植物にふれる事が出来て、花好きにはたまらないコースです。
  特にチングルマの群生は数多く、ガレ場にはまだ多くのコマクサが残っていました。
  チシマギキョウ・ハクサンフウロ・ハクサンコザクラ・ウサギギク・シナノキンバイ
  ミヤマアズマギク・ヤマハハコ・ウスユキソウ・イワツメクサ・アオノツガザクラ  
  マツムシソウ・ワレモコウ・タムラソウ・アザミ・ニッコウキスゲなどなど。
  ウルップソウ・ミヤマオダマキは咲終わり。白緑のトウヤクリンドウはつぼみでこれから。
   
ハクサンコザクラ           チングルマ
   
アズマギク            フウロ
     
イワキキョウ              ヨツバシオガマ
   
ジャコウソウ         ミネウスユキソウ
 
コマクサ            タムラソウ
    
ハクサンシャジン         ヤマハハコ
     
コゴメグサ           ツリガネニンジン
     
マツムシソウ               ミヤマオダマキ
 夏道はほとんどがガレ道で少し歩きづらいです。
  雪渓は2か所通りましたが、アイゼン無しでも歩行可能です。
  八方尾根からの唐松岳ルートは階段状の登山道でした。
  日帰りハイカーが多く、八方池は観光客であふれていました。
  ただし、下山のゴンドラは回転が速く大きな混雑はないので、焦る必要はないようです。
 「第2回 国民の祝日 山の日811日」に北アルプスに触れる事が出来ました。
 「山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する日」です。
 五竜岳2814.1m)・唐松岳(2696.4m)宮元 勝
 
8/13 7:14 八方尾根より五竜岳
 8/11 AM8:00分テレキャビン乗降口で宮元1人下車(上り)→
    地蔵ノ頭→遠見尾根(小・大遠見尾根→
16:00分五竜山荘着(テント泊)
8/12 
五竜岳往復→唐松岳→唐松頂上小屋(テント泊)
8/13 
唐松岳往復→八方尾根→本隊と合流
   
9:26出発
    
10:43           11:23
    
12:19 大遠見                13:22西遠見
8/12  
五竜岳山頂への岩場                      唐松岳への岩場
  
唐松岳キャンプ場              8/13唐松頂上

八方大池と観光客