2019年正月合宿   

 B隊 参加者 宮元(装備) 市橋(会計・食料・記録)
登山コース
一日目 ピラタスロープウェー~坪庭~縞枯山~茶臼山~麦草峠~丸山~高見石小屋~付近テント泊
二日目 高見石付近~中山展望台~中山峠~東天狗岳~根石岳~根石小屋~箕冠山~夏沢峠テント泊
三日目 夏沢峠~硫黄岳~赤岳鉱泉~美濃戸山荘~美濃口駐車場~温泉へ
      ピラタス蓼科ロープウェイ1階待合室にて仮眠
四日目 2時出発~南諏訪IC~小月IC~解散17時
1229日(土)18時出発~ 
1230日(日)晴れ 南諏訪IC ~ピラタスロープウェイ初発9時~坪庭910
       雨池峠~縞枯山(2403m1033~茶臼山1139~麦草峠~
     丸山
1515~高見石小屋~開けた場所でテント泊
 
7:10             9:30
 
10:33                   12:10                  
    縞高山までは登山者に数パーティー会うが麦草峠近辺では個人登行3人に出会うのみ
    広々した麦草峠を過ぎて一人の女性に会う“麦草ヒュッテのこたつ部屋”を予約しているとの
    こと、一緒にどうですかと言われ暖かさが恋しいところだが丸山目指して頑張る。
    出会う人たちは小屋泊まりの様だ。縦走する人は誰もいない。

    当初今日の予定は麦草峠だったが、16時までいけるところまで行くことに
丸山を過、
15時も過ぎると一層冷えてくる高見石小屋に着いた
小屋裏手の岩場が展望所
身体が冷えて暖かいお茶を飲みに高見石小屋に寄りたかったが我慢!
スルーして頑張る。
少し下ると平らな絶好のシラビソとコメツガの森広場があり今日はここでキャンプ泊
リュックを降ろすと体が急に冷える。雪を足で踏みつけテン場を作るのが大変…寒い!
夕食はジンギスカン鍋テントの中も暖かくなるが、コンロを切ると急に冷えてくる。

1231日(月)晴れ 630分起床すでに辺りは明るくなっていた。
          登山者がテントの側を通り過ぎていく。少し寝過ごしたようだ。
          8時出発
          樹林の長い上り912を中山Pへ中山展望台1210
          中山峠(黒百合ヒュッテ分岐)
       この辺りは登山者が増えてくる~天狗岳から下山してくる人や渋の湯方面から
       黒百合ヒュッテ小屋泊まりの数人に出会う。
       岩場尾根~東天狗岳
1337~根石ヒュッテ1451~根石岳  
      
 樹林の尾根~1503箕冠山(分岐)15381600夏沢峠テント泊 
 
9:12 樹林の長い登山道(テン場8時に出発して中山まで4時間かかる長い)
 
13:37東天狗岳
 
14:51 根石小屋入り口      15:03箕冠山
 
15:15樹林の開けたところから振り返る手前が根石岳後ろの2峰が西天狗と東天狗岳
 
15:20 夏沢峠への樹林の登山道            16:00 夏沢峠小屋
 1月1日(火)晴れ 5時30分起床  730分出発
       (今日は赤岳鉱泉に12時まで着いたら下山することに決めて出発)
        樹林の登山道を森林限界を過ぎると風速8m位の風が吹き、目だけを出して黙々と歩く
        硫黄岳の頂上手前は6個のケルンが標識になっている
        数えながらひたすら登っていると5個目を過ぎるころA隊の4名が迎えに来てくれる。
        上る途中で会った人から山天気は今夜から雪が降ると情報を得ていたので
        今日全員で下山することを伝える。
        硫黄岳930分~赤岳鉱泉1140分~林道1210
        美濃戸山荘1430分お茶をご馳走になる。全員記念写真1440
        美濃戸口駐車場着1530分~16時全員集合~温泉へ~ロープウェイ待合室にて仮眠
 
9:35 硫黄岳             赤岩の頭の下から赤岳  
 
10:55 赤岳鉱泉への登山道から阿弥陀岳
 
11:38 赤岳鉱泉小屋の前~氷瀑            12:24 下りの沢の流れに氷がはり美しい!
 
14:30八ヶ岳登山口(美濃戸山荘前)
12日(水)2時起床 朝外は一面の雪景色だった。
      
230分出発~南諏訪IC~小月IC17時解散