2019年5月春山合宿
 
燕岳(4月28日日曜日晴れ)
 
 北アルプス南部(表銀座)縦走 燕岳~大天井岳~常念小屋~一ノ沢登山口
(雪と風の為:予定は常念岳~蝶が岳泊~上高地へを変更しエスケープ)
 参加者 宮元 市橋(食料) 田村(会計) 平川(担当・CL) 羽田野(装備・SL) 小林(記録)
 4月27日午後6時頃、小月ホンダを出発。2時間程度交代で運転
 4月28日(日)中房温泉登山口~合戦尾根~燕山荘~燕岳~山荘テント場泊
  28日午前5時過ぎ最後の梓川SAに入って40分程度休憩し、
梓川IC~車を預ける南安タクシー会社に向かった。
8時の予定が6時30分に早く到着したので、運転手が出勤していなかった。
すぐに連絡してくれ、運転手が来るまで、靴を履き替えたり、荷物の準備をした。

レンタカー車を預け、同じ型のハイエースで燕岳登山口中房温泉まで送ってもらう
 :40いよいよ登山開始。
まもなく雪道になる。第1ベンチ、第2ベンチとそれぞれ1時間程度かけて、
第2ベンチでアイゼンをつける。連休とあって、登山者は多い。
雪道は荷物が重いと特に時間がかかる。
メンバー内でも差が出てくるが、休憩地毎に後続を待ちながら前に進んだ。
天候は快晴、木々の間からアルプスの山々がくっきり見える。そして幸運にも彩雲が出た。
それも色が濃い、一段と美しい彩雲(太陽の周りと南側に幅の広いはっきりした色彩)や
富士山に勇気づけられる。
 
彩雲             合戦小屋
 
表銀座の尾根の向こうに槍ヶ岳            燕山荘から大天井岳~槍ヶ岳
 他のグループにどんどん追い抜かれていく。
小屋泊まりが多いのだろうが、テン場も空きがあるだろうかと不安になって来て、
先発隊が先に行って場所を確保することになったが、
14:00頃着いてみると、すでに満杯で、(雪庇にはグリーンのロープが張ってある)
雪庇に食い込むが何とか張れそうな場所を見つけ(後に第2テン場があることが判明)、
下地の準備に取りかかる。雪は堅く引き締まっており、持参したプラスコップでは刃が立たない。
周りを見ると、鉄のスコップを使っている。
小屋に借りに行くと、全部出払っているというので、近くの作業している人に」、
「終わったら貸してください。」とお願いすると、
2本使っていた人が1本貸してくれ、さらに別のグループが終わってから、
もう1本貸してもらい作業をしたが、8時間近くの登りで疲れていることもあって、時間がかかり、
ようやく張り終えたと思ったら、16:00頃、宮元氏が到着して、修正を指示された。
 
 
 ようやく許可が出て、暗くなる前に、燕岳に登ってこようということになったが、
元気な三人は頂上まで、
二人は中間地点まで、料理人は留守番をした。

食事は、疲れた体を癒やしてくれる。ビールも多めにいただいて、話に花を咲かせ、
満腹になって眠りについた。
 4月29日(月)晴れ~曇り
 4:30に起床。テントは、雪庇傍ということもあって、
風は強く、テントがばたばたして何度か目が覚めた。
ご来光はテントの中から拝めた。
 
 
 卵雑炊を食して、出発準備、テントをたたみ、6:40頃出発。
     
 思い出せば長い道のりだった。
計画では、大天井岳9:45の予定が、この日先発隊で12:42。
これまで快晴だった空は、ガスが出てきて、すっかり山々を覆い隠してしまった。
風も出て来て、常念小屋までたどり着けるのだろうかと不安になってくる。
大天荘(Daitensou)は冬季閉鎖で、冬季避難小屋のみ空いている。
筆者以外はみんな行く気だ。昭文堂の地図では、東天井岳まで1:30,その先、常念小屋まで1:30とある。取りあえず一歩ずつ進むしかない。
東天井岳を過ぎたところで、雷鳥が這松の周りで餌をついばんでいるのに出会った。少しほっとする。
 
8:25                        12:06
 
大天荘
          見えにくいが、中程に
 
先発隊12:41                後発隊 13:30
 途中、横通岳の位置がわからなくなり、他の登山者ともGPSを確認しながら探ったが、
すでに通り過ぎたという人や、まだ先だという人など、GPSも当てにならない状況だった。
 それまでがずっとトラバース続きだったのが、ようやく横通岳を過ぎたと思われるあたりから下りになる。下れども下れどもなかなか常念小屋に着かない。
道を間違えたのではと思って地図を開く、そして、もう少し下だとわかり、
足の疲れを押して、急な坂を下る。そして、17:00過ぎようやくテン場に着く
2カ所あるテン場から適当な場所を探すが、いいところはすでに確保されている。
残りの雪が少し残った風も少し緩い場所に張った。
今日は、場所に余裕があり、ぴんと張れたと思った
 18:30頃、宮元氏が到着して、若干の修正をして認められた。
その頃は、少し吹雪いてきて、早々にテントの中に入り、料理を待って、ビールで乾杯、
お互い疲れを共感し、眠りについた。
 4月30日(火)雪と風~下界に近づくにつれ雨となる
 
7:00             11:50
 朝トイレのため出てみると、10cmほどの雪が積もっている。相変わらず吹雪いている。
これでは、時間も余計かかるだろうし、トレースも消えているだろう。
リーダー二人が山小屋に情報を聞きに行って、「自己責任で行動して欲しい。」と言われたという。
ちょっと疑問があり、再度、T氏に聞きに行ってもらったら、「小屋としては、やめて欲しい。」とのことで、
再度協議をして、一ノ沢の方に下山することが決まった。
周りを見ると、他のテントの人々も一ノ沢に降りるようだ。
下山といっても、一ノ沢の方も急坂であり、用心しないと危ない。
尻セードを加えながら、長い下りを休み休み進んだ。そしてようやく11:50頃ヒエ平登山口に到着した。
車を預けている南安タクシーに連絡して、40分待ってジャンボタクシーに乗れた。
タクシー会社でレンタカーに乗り換え、須砂渡憩いの森オートキャンプ場に向かい、
テントを張ってから、ほりでーゆ~四季の郷に向かい、温泉でゆっくり疲れを流した。
それから、安曇野市内の大型スーパーに信州牛肉の買い出しに行って、料理長の特製焼き肉を堪能し、
ごちそうさま。
 5月1日(水)雨、令和初日2:00に起床して、手早くにテントをたたみ、帰路についた。
帰りも長い道のりであるが、やはり2時間交替で運転を代わり、
途中、連休ラッシュもあったが、予定より1日と1時間早く17:00小月ホンダに無事到着した。
皆様、お疲れ様でした。なかなか教訓の多い山旅でした。