八面山 2004年11月3日 
上部エリア・無線のボルダークライミング


下関山岳会員2名と一般2名で八面山へクライミングに行ってきました。

朝7時に下関出発。9時過ぎからクライミング開始。
まずは会員Bが「シティーライン5.10c」をリードで登る。相変わらずのビビリぶりを発揮し、最後のヌンチャクをかけたところでテンション。約1年、クライミングを休業していた会員Bだが、休業前に比べて、なぜかスルスルと楽に登れる。

その後、一般Bがトップロープで同ルートを登る。フリーのルートだがアブミをぶら下げ不測の事態(冗談)に備える。
会員Bと一般Bがシティーラインで自分と戦っている間に、会員Aと一般Aが「カプチーノ5.9」と「鯉の滝登り5.9」を連続で登る。

天気は晴れの予報だったが、曇っててビレイしていると寒い。そんな当てにならない天気予報に愚痴を言いつつ、昼ごはんにする。

午後は、会員Bが「烏天狗5.11a」をリードで行こうと奮起する。関西弁でワーワー言いながら気合を入れるが、なかなか登れない。なんとか終了点まで行き、トップロープでムーブを体にたたきこむ。
一般Bが岩場初リードクライミングで「カプチーノ5.9」を登り、上部エリアを引き上げる。

無線のボルダーエリアへ移動し、会員Bと一般Bがクラックボルダーの「入り口ボルダー7級」を登る。
会員Aと一般Aもクラックボルダーの課題を登った様子。

今日のクライミングはこれで終了。疲れ果てました。

                     記録 会員B(あかんたれ)