20195月個人山行 <傾山~祖母山縦走> 

  <日程>
  山域:大分県 傾山~祖母山
  日程:201951()54()
 <行程>
5月1日(水) 11:10JR下関駅…11:29JR小倉駅12:09…特急ソニック…13:35JR大分駅13:45…      
       豊肥線…
14:40JR緒方駅16:20緒方駅前バス停…コミュニティバス…1706

       傾山登山口バス停…
18:06九折登山口(テント泊) 
5月2日(木)4:50起床―6:00出発―8:45三ツ尾分岐―坊主コース―11:13分岐-11:57傾山山頂―
      
14:00九折キャンプ場 (行動時間8時間) 
53日(金)4:00起床―5:36出発―6:43笠松山―8:11本谷山―9:20ブナ広場・水場9:3810:05尾平越
      
11:59古祖母山12:1811:58尾平越-12:42昼食休憩―13:21水場―15:48本谷山―
      
16:40笠松山―17:30笠松山―13:34障子岳―16:00祖母山―16:30祖母山九合目小屋
                 (行動時間
11時間)
54日(土) 4:00起床―5:00出発―5:39宮原―7:13大障子岩―8:48前障子岩分岐―11:20上畑-
       
12:30九折登山口駐車場…13:27JR豊後竹田駅13:4814:58JR大分駅15:11
       
16:37JR小倉駅16:3816:52JR下関駅
                 (行動時間
730
<記録文>
 今年のゴールデンウィークはカレンダー上10連休と早くから話題に。
 祖母山~傾山縦走の好機、と
3月末から4月にかけて戸ノ上山~足立山ボッカトレを3
 行って備えた。
 当初は上畑~上畑の完全縦走と意気込んでいたが、何だかばたばたしているうちに
 GWになり、帰りのバスの便の都合やもろもろの不安のため、
 傾山から祖母山に縦走し宮原コースを尾平に下山する計画をたてた。

  1人用テントを購入しぼちぼち準備はしたものの、
 だんだん行きたい気持ちも失せてきて出発当日までぐずぐず迷い、
 もはや「ここまで準備したのにおじゃんにできない」という一心のみで出発!
  5月1日(水) 晴れ
 JR小倉で一旦下車し、チケットショップで小倉―大分間の特急乗車券を2枚買う。
 片道
500円程度安くなる。
 
11:10の特急ソニックに乗車、大分で乗り換えて14:40緒方駅到着。
 
16:20までバス待ちだ。緒方駅は無人駅で、駅前にも店がない。
 大きな道路沿いのホームセンターでコンビニを教えてもらい、おにぎりを買って戻る。
 
16:20発のコミュニティバスはJRとの接続で発車時刻を設定しているらしく、
 
16:16着でも大丈夫そうだった。乗客は、男性2名女性2名で全員登山客だった。

 傾山登山口バス停へは予定時刻より早く到着。九折登山口へ林道を歩く。
 最初は下りだが途中から上り坂になる。
 
1時間近く歩いたところで通りかかった車の方が乗せてくださった。
 
18時過ぎに到着してテント設営にとりかかった。
 買ったばかりのテント、初の御役目である。
 ところが、フライシートの袋に入れたはずのペグがない。
 ザックの荷物を出して探すが見つからないので、河原から重い石を
4つ運んできた。
 天気もいいし、これでなんとかとテントを設営して荷物を入れようとしたところで
 ザックの底にペグを見つけた。何かのはずみで袋からすべり出たのだろうか。

 日が落ちると寒くなる。
 寝袋に入って早めに就寝したが、そのあとも駐車場には次々と車が到着しているようだった。

 52日(木)晴れ
 腕時計の目覚まし音で目を覚まし、時計を見ると450分。
 
4時にセットしたつもりだったのに、寝過ごしたのだろうか。
 朝食をとり、テント撤収、荷物をまとめて出発が
6時になった。

(観音の滝)
  
845分三ツ尾の分岐に到着し、水場コースか坊主コースか一瞬迷う。
 「坊主コースは危険です」の看板に気がひるむが、
 九折登山口の情報交換ボードに水場コースで迷ったという書き込みがあったうえに
 自分でも長いこと水場コースを通ってないので自信がなく、
 昨年通った坊主コースの方をとった。
 さっそくアケボノツツジの花が迎えてくれる。

 
 
道の途中で休憩していた後続のにぎやかな三人グループがどちらのコースか検討している
 声が聞こえた。
 「坊主コースのほうがアケボノが多いよ」という男性の意見で坊主コースをとったようだ。
 後ろからにぎやかな歓声が聞こえると何だか心強い。

 ちょっと濡れた感じの岩場を登り、岩と岩の間をこわごわとわたり、
 しばらくいって下りにくい岩場をくだったところで対向から来た男性に、
 「降りてこられたんですか」と声をかけられた。
 その方は途中で追い抜いた方で、私はぐるっと回って道を戻っていたのだった。
 苦労して登り、苦労して降りた岩場をもう一度登り、まもなく間違ったところを確認、
 おかげで堂々巡りせずにすんだ。

 ロープのある垂直な岩場とステンレス梯子が連続する箇所でてこずっていると、
 先の岩場で休憩していた大きなザックの男性が、
 「そこが坊主コースで一番危ないところだから気をつけて」と声をかけてくれた。
 少し前に追い抜いて行った方だ。
 何とか岩を降り、アドバイスに従って右側へトラバース。
 梯子がないほうがわかりやすいような気がした。

 大ザック氏のいる岩場にたどりつくと、ここが見晴らしがよいというのでザックを置いて
 岩場へ。
 向かいに広がる山々を、祖母山、天狗、障子岩尾根…と案内してくれた。
 大ザック氏は傾山から杉ヶ越経由大崩方面へ行き、戻って祖母山に向かうそうだ。

 ロープのある垂直の岩を登ってまもなく分岐に到着した。
 そこから山頂までは思ったより長く感じて、やっとの思いで登頂
1159分。
 大崩方面を眺めながらささっと昼食をとり、キャンプ場に向かった。

 14時に九折キャンプ場到着。
 縦走の行程を考えるともう少し先まで行けたらと思うが大ザック氏に聞いたところ
 本谷山下は空き瓶などが散乱しており水場も枯れ気味でキャンプ地に向かないとのこと。
 ブナの広場まで行くと水場もありキャンプ地によいそうだが、時間的体力的に不安である。
 昨年と同じ、サルナシの近くにテントを張った。
 お湯をわかしてインスタントミルクティーとおやつをとり、水汲みへ。
 水場から戻ってくる方が、
 水場の水がほとんど出ておらず、沢を二段ほどおりたところで水が汲めると
 教えてくださった。なるほど、パイプからはしたたるほどしか水が出ていない。
 沢を少し降りてみたがよくわからなかったので、
 パイプからしたたる水がペットボトルにたまるのを気長に待った。
 ところがさらに水の出が細くなってきたので、
 岩のちょっと奥のしたたりを水筒のコップで組んでボトルに移す作業を繰返し、
 やっとのことで水汲み完了。

 九折のキャンプ場は、地面は平らでふかふか、
 木陰を作ってくれる樹木もほどよくあり、眺めも良い最高の場所なのだ
 が、虫が顔の周りに飛び回ってあまりくつろげない。
 夕食はテントの中でとった。

 夕方になると、小屋泊まりの方もテント場に降りてきて、
 傾山が赤く染まるのを待つ。
 その会話が聞こえてきて、私もテントからはい出し、敷物と掛物を用意して夕焼け待ち。
 この日はさほどあかくならなかったが、皆が夕焼けを待っている時間がいいなー。

 夕方になると初日に恒例の軽度頭痛が起こり始めたので19時頃早めに就寝。
 
23回ずるっと滑落する感覚で一瞬目覚めた。

 53日(金)
 時計の目覚ましは用心して350分、携帯電話の目覚ましを4時にセットしておいた
 無事に
4時起床。
 朝食をとり、片づけテント撤収。
 
5時過ぎにはすでに明るい。
 テントは前日にくらべ、夜露に濡れていない。
 九折キャンプ場は、昨年今年にかぎった印象だが、夜の冷え込みが厳しくないような
 気がする。

 530分過ぎに出発。
 進行方向右手に、雲海に浮かぶように蒼いくじゅう(たぶん)や由布岳が見えて美しい。
 縦走路のそばに咲くアケボノツツジ、新緑の山をピンクで彩るアケボノツツジを愛でつつ
 歩いた。


 笠松山は山頂を踏まずに通過。
 縦走路では満開のアケボノツツジが見られるが、
 昨年より開花の進行が早いようで全体的には少なめか。
 本谷山に向かう途中で、見事なアセビの群生の中を通った。



 本谷山手前で、ほとんど文字の読めない「水場」の標識を見つけた。
 聞いていたとおり付近には缶瓶が散らかっており、水場もぱっとしなさそう。


 本谷山811分。 
 いくつかアップダウンを経て、鹿ネットの中のピークを通過したところで、
 ブナ広場の水場に到着。

 標識には「縦走路中間点」とある。
 距離的には中間でも時間・労力的にはまだまだこれからだ。
 ここまで節約してきた水を思い切り飲み、フェンスの扉を開けて水を汲みにいく。
 やや急な斜面を少し降りた沢はネコノメソウが木漏れ日に輝いていていい雰囲気~。
 パイプからは滾々と水が出ており、何ともありがたかった。
 あんまりきれいな感じなので、一回戻ってまだ残っている前日の水も入れ替えにいった。

    
 ザックを背負うと水を入れたので重くなった感じ、1㎏ぐらいの増加でもこたえる。
 ここが昨年昼食をとったミニピークかな、というところを二つほど越えて尾平越
105分。
 祖母側からの縦走だったら、それこそ縦走路の半分くらい来た感覚で少しほっとする
 ところだが…。

 つきそうでなかなかつかないのが山のピークと思っていても、
 やはり何度も次が山頂?次こそ山頂?とだまされて、
 やっとのことで
1159分に古祖母山頂に到着した。
 ちょうどお昼時で、山頂に岩場はグループの登山者が昼食をとっていた。
 日帰り登山者らしく、お弁当がおいしそう~。
 私も堅いパンとプロセスチーズときゅうりの昼食をとる。
 眺めは最高だが、ここでも顔の周りに群れてくる虫に悩まされた。

 
 障子岳は鹿ネットを通過して登りあがったところ。
 山頂で少し休憩していると、若いお母さんと小学生の男の子の親子連れが登って来た。
 お母さんは山頂からの絶景にさわやかな歓声をあげるが、
 子どもは不機嫌でさっさと降りようとしている。
 お母さんが、「ちょっと待って。写真とろう」となだめているので、
 「よく、がんばって登ってきましたねー」と声をかけると、
 「一つ前のピークで山頂だと思ったら違ったので、それからふてくされて」と説明される。
 「だまされますよねー。私もふてくされてました」。
  この親子とは、次の休憩箇所(ミヤマ公園?)でも少し話したが、
 祖母山九合目キャンプ場にとまり、祖母山の山開きにも参加してきたそうだ。
 お母さんは、夏に祖母山・傾山のループ縦走を計画しているという強者だ。

 親子連れより先に出発すると抜きつ抜かれつになるのがしんどくて、
 スルーするつもりだった天狗の岩場に登ってしまった。
 ここでおやつタイム。
 チョコレートマドレーヌが粉々になって「何の泥?」な見た目になっていた。

 北谷コースとの分岐には、昨年と同じく見事なアケボノツツジが満開だった。
 先にいた年配の女性登山者三人連れと「すばらしいですねー」と言い合って通過。

 この辺りから力尽きた感じになり、果たして到着できるのか、と思うくらいしんどかった。
 女性三人連れにさっそうと追い抜かれ、小屋泊まりらしく重そうなザックを背負っているが
 元気だなーと感心する。
 

 斜面を登るところで若い登山者10人くらいのグループが休憩をとっていた。
 横を通過するときに、「おひとりですか」と声をかけられた。
 「はい」と答えると「水、ありますか」と聞かれたので「はい、大丈夫です」。
 そのあと彼女のことばが「たすけてください」と聞えたので「えっ??」と驚いたが、
 「気を付けてください」と言われたのだった。
 そばにいた別の女の子も「いま『たすけてください』って聞こえたよ」といって大笑い。

 祖母山頂下縦走路側は岩場の危険箇所が続く。
 下りにとるよりはらくなのだが、ロープ伝いに崖を通過するところは下り気味になっていて
 緊張した。
 最後の岩場をよじ登り、山頂に到着したのが
16時、計画より早く着いてよかった~。
 山頂にはもう誰もいなかった。

 泥がちな道を下りて、九合目に到着。
 ひとまず小屋をのぞいてみると、かなり多くの登山者でにぎわっていた。
 元小屋番さんの顔もみえる。
 二階にあがってみると、空いてないことはなさそうで一人だったらここにどうぞと
 言われるが、やっぱりテントにしようと小屋を出た。
 水場で水を汲んでキャンプ場に行ったほうがよいかどうか、
 位置関係の記憶があやふやになったので、近くにいた方に尋ねると、
 「キャンプ場はまだ下だけど、もうテント張るところないよ」と言われる。
 一人分くらいなら何とかなるのだろうけれど、行ってみる元気はなく、
 小屋泊まりのほうが楽なので小屋に戻った。
 土間の上が空いているのではないかというので、初めて土間の二階にあがった。
 それほど広くない上に、真ん中にストーブのパイプが通っている部屋に夫婦連れ一組と、
 単独行が三人入っていて、あまり余裕はなかったがあれこれ工夫して場所をあけてくれた。
 ここにはこの後もう一人男性が来て(傾山で堂々巡りから救ってくれた方)、
 積んであった毛布をよけて場所を作り、結局
7名となった。小屋の外で夕食をとり、
       
 夕日を眺めて部屋に戻った。
 団体客が泊まっているそうで、
 一階からはにぎやかな談笑やおそらく元小屋番さんがかけるステレオの音楽が聞こえてくる。 
 土間の上の部屋は朝出発が早い人専用の部屋で、ほとんどの方が早々に就寝していた。
 一階の人たちも祖母山頂で日の出を迎えるため
4時半出発ということで、
 
9時には静かになった。

  54日(土)晴れ
 4時に起床、他の人たちも起き出して準備にとりかかる。
 荷物を整理して朝食をとり、
5時頃出発。
 外にでると夜明けの空が曙色から紺のグラデーションで美しい。
 ヘッドランプは電池が切れかけているのか光が弱い
 なくても大丈夫そうな明るさなのでそのまま進んだ。 
      
宮原へ向かう道は、アケボノツツジが見事でついカメラを構えるが薄暗いので
 うまく撮れない。
 馬の背は記憶していたよりも厳しく、岩場をこわごわ通過した。

  532分宮原分岐到着。急いだためコースタイムより早く到着した。
 一瞬考えて、上畑コースに進む。バスに間に合わないときはタクシーを呼ぶ覚悟だ。

            

  新緑とアケボノを楽しみながらもできるだけ急いで歩く。
  小高くなった丘のところで、先に小屋を出発した方が日の出を眺めていた。
  前夜にバス便の都合で宮原コースを下山すると話していたので、「コース変更しました~」 
  というと「バス間に合いそうですか?」と尋ねられる。
  「間に合わないときはタクシーで何千円か払う覚悟で」
  「九折に車おいているので、バスに間に合わなかったら最寄り駅まで送りますよ」
  「ありがとうございます!」と言いつつ一応バス時刻を目指していそぐが、
  先にいっても道を間違えたりして追いつかれ、ほぼ同行することになった。
  (お名前を聞かないままだったが、中津の方だそうなので、以下仮にNさんと記す)

         

  鹿の背を下りで通過するのは初めてで、昨年はなんでもなく通過できたが、
  今回はかなりこわかった。
  危険箇所の通過は単独だったらさらに不安だったろうと
  同行者ができたことがありがたかった。

         

  このルートはアケボノツツジに加えシャクナゲも多い。
  今年は開花に少し早いようであまり花を見なかったが、
  ところどころで目を楽しませてくれる。
  大障子岩までは上りも下りもさほど変わらないアップダウンを繰り返す感じだ。
  進むにつれて大きな岩塊が迫ってくるがなかなかつかない。
       
     
  岩場を乗り越えてしばらく登り、
 大障子岩分岐からすぐの大障子岩標識があるところで少し休憩。
 祖母山方面のすばらしい眺望にさほど名残惜しむこともなく、分岐に引き返して先を急ぐ。

        

  前障子岩もパス、分岐からはほぼ下りになる。
  バスに間に合うかどうかわからないけれどできるだけ急ごうと
  調子よく足をすすめていたつもりが、道を見失ってしまった。
  計器のようなものがグリーンのリボンで木に取り付けられているところから、
  道なりの方向を少し下って左に向かう道をすすんだところ、
  踏み跡はあるがテープの標識がなく、やがて道も不明瞭になった。
  引き返そうとしているところでNさんが追いついてこられ、
  「やっぱりこちらですかね」と再度道を探すと、下の方にピンクリボンが見えた。
  降りて見に行ったが、ピンクリボンは下に落ちているだけで、
  風で飛ばされてきたものだろう。

  道を探しながら引き返す途中にも落ちているピンクリボンがあった。
  足跡ははっきりあるので、もとは道があったのか迷いこむ人が多いのか。
  結局、計器のところまで戻って、そこからぐっとくだり気味にすすむ道を見つけた。
  
20分ほどタイムロスか。
  概してきちんとテープがついていて道がわかっていれば十分な標識なのだが、
  ときおり見失う。

  ようやくのことで沢を渡るところにつき、Nさんは水汲み休憩。
  スマホの位置情報で「あと1kmくらいですよ」といわれる。
  バスの時間に間に合うかはいよいよ微妙だが、一応できるかぎり急いでみようと
  先に出発した。

        

  途中、昨年の山行で登山道にでたところのトラロープを右手に見た。
  そこからしばらくいって鹿ネット沿いに下る。
  鹿ネットの中に入るところも若干わかりにくい。
  鹿ネットからの出口は開いたままになっていた。
  そこからすぐのところが昨年道を見失って迷った地点ではなかろうかと思うが、
  なぜ迷ったのかわからないほど鹿ネット入り口は明瞭だ。
  昨年はもっとわかりにくかったのか?

      

  バスには間に合わなかったので、Nさんを待って、一緒に九折登山口をめざして歩いた。
  覚悟の上ではあるけれど、この車道歩きが祖母・傾完全縦走のしんどさの核心である。
  祖母~傾間の縦走路のような景色のよさもないし、と思ったが、
  右手に見える川をのぞくと、深みの蒼さがすばらしい。
  夏は恰好の水遊び場になりそうだが今は人影もない。
  最後がぐっと登りになるので息もたえだえになりながら、
  それでも一時間ほどで九折登山口についた。
  往路はこの登りを車に乗せてもらったので、
  この最後の車道歩きのおかげで「完全」達成だ。

  Nさんに豊後竹田駅まで送っていただき、大いに助かった。
  駅につくと大分方面の列車がすでにホームに入っていて慌てたが、
  出発まで
20分ほどあった。

  いったん列車に乗ってザックを置き、トイレに行っておこうと改札口に戻ると、
  落ちていたお金をお客さんが駅員さんに渡しているところで、
  「さっき通られたお客さんのじゃないですかね、あっ」
  落とし主の私がちょうどタイミングよく通りかかったのだった。
  切符を買うとき慌てていたので、落として気づかなかったらしい。
  お礼をいって受け取った。

  単独行ではあるけれど最初から最後まで多くの人に助けてもらって
  完遂できた山行だったと思う。
  自信をもってこの縦走コースを歩ける日がくるのかどうか。いつかまた挑戦してみたい。