令和元年9月 北穂高岳(横尾-涸沢)秋山合宿

 
令和元年9月20,21,22(3日間) 
・参加者:3名 藤森(SL会計)・田村(天候)・羽田野k(CL記録食料) 
 ・主要行程 (山中2泊 涸沢、横尾)
 ■秋分の日3連休。涸沢の紅葉はまだありませんでした。あと2週間すれば見ごろとなりそうです。
  人はまばらで10月に入ると一気に混雑が予想されます。
19 日:小月IC1900…一宮JCT…高山IC…700平湯あかんだなP    【車移動1200 
20日(金)晴れ:720あかんだなPからバス35…820上高地横尾…1620涸沢キャンプ【行動800 
         
8:00  大正池                     河童橋 8:51
         
9:25 前穂高岳                        徳沢園  10:56
          
12:32 横尾                          14:06
          
      15:00                                 16:18   涸沢小屋の紅葉 
 涸沢の案内板に「涸沢の紅葉を見ずして、穂高を語ることなかれ」と書かれていました。
次は混雑してもいいので、10月に涸沢へ行きたくなりました。
       
                16:17  涸沢と北穂高岳・穂高山荘                          
 
21日(土)雨:530涸沢北穂南陵…850北穂高山頂3,106北穂高小屋北穂南陵
     1200涸沢テント撤収…1530横尾 テント泊              【行動1000
 2日目、北穂高のアタック日は谷からぐんぐん霧が立ち昇ってきて涸沢カールをあっという間に包んでしまいました。雲の中を歩いていると、時おり雲間から吊尾根が姿を現し、白と黒の山並みが印象的でした。
北穂南陵は険しく、雨で濡れていると少し滑ります。危険なところは慎重になるので大丈夫でしたが、
なんでもないところで2回程滑って尻もちをついてしまいました。

            
5:54                     6:15
            
6:30  涸沢を望む                              7:12
            
8:09  岩場は慎重に行く                      北穂高岳山頂 8:52
22日(日)晴れ:700横尾徳沢明神池岳沢登山口…1030上高地着      【行動  330
     バスであかんだなP…平湯にて入浴高山観光…1530出発…300小月 解散  
 3日目は素晴らしい秋晴れで、
           
  7:34  雨上がりの樹林帯の登山道 ~  徳沢園 8:14
            
8:20                      8:58
            
9:35   上高地へ下山~到着                   10:34
 ■メモ
・涸沢でのシュラフは中間期用で十分でした。ただし放射冷却で冷え込む日もあるので服で対応。

・涸沢の売店は1700で閉店だが、トイレ脇にビール自販機がある。横尾は2100まで

・涸沢テント場。受付前はガレ場でコンパネ1枚500円。少し離れるだけで土となり不要。

・この時期の花は全般的に少ない。アキノキリンソウ、ヤマハハコが少々。

・食料 夜:1焼鳥缶白菜鍋、2ソーセージナポリタン。朝カレーうどん2回。

つまみ:とんがりコーンx2

・テントGT-2冬用外張りは、雨がポタポタと浸み込むため、冬以外は使えない。