下関山岳会 令和2年 個人登行 登行記録書 <島根県 裏匹見峡>
 
裏匹見峡(三浦章著)より
1.入山日程  日帰り沢登り
 山域:島根県 裏匹見峡 (島根県警察本部0852-26-0110(代表)匹見峡レストパーク 0856-56-0341
 日程:令和2年8/22 日帰り
 2.目的   裏匹見峡を遡行する。「沢登り訓練」遡行時間は4時間です。
 3.参加者 宮森 真紀 健二 平川
 8/22() 600下関球場 下関IC小郡JCT9号線→枕瀬 
      交差点右折→187
312号→488号→匹見峡レストパーク第2駐車場900
      
930入渓 猪瀬長淵青の淵五段の滝平田淵赤い橋から出渓
      
遊歩道1時間にて下山 1330【行動時間:4H】 
     
1430匹見峡温泉やすらぎの湯入浴後 往路と同じ 1930 解散 
 装備計画 沢装備
 雨具、地図、コンパス、ヘッドラン ※スリング、カラビナ、ATCヘルメット ※ライフジャケット
 沢靴、手袋、ハーネス ※虫避けスプレー筆記用具、計画書、保険証ローペ、医薬品行動食、テルモス、水筒
 着替え、入浴セット車中デポ
 9:30 入渓
      
      
      
      
泳ぎ
      
      
      
青淵
      
平田淵
 記録 エメラルドグリーンの淵が次々に現れる、泳ぎ中心の美しい沢です。
     沢は深く足がつかないので、ライフジャケットは必須アイテムでした。
   しかしながらアブの大群にずっと攻撃されていたので、虫除けスプレーも必須です。
   ロープは出すところがありませんでした。
   沢沿いにナツエビネとホトトギスが咲いていました。